読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなきみがすき

思ったことを書いてみる

「この声がいいね」とドームが揺れたから5月19日はムラサキ記念日

 

本日ムラサキ記念日。

 

さて、ちょっとの間ブログ放置で文章の書き方とか忘れた節がある今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたくしはですね、4月からのKAT-TUNさんのメディア露出について行くのがやっとでして(むしろ追いついてない気すらする)ブログまで手が回らなかったです。

ちょっと2005〜2006年くらい思い出した。

 

 

 うん、幸せな悩み。

 

 

 

 

さて、タイトルに戻りまして、ムラサキ記念日について。

お久しぶりの記事なのに、懐古厨申し訳ない。でもね、でもね、やっぱり彼らは最高で最強、唯一無二のシンメだと思っている。

 

 

ざっくり言うと、

ライブで仁亀(KAT-TUN)にてムラサキが歌われた。

ドームが揺れた。

 

9年前の今日はそんな日。

(そもそも若い方々は元になった「サラダ記念日」をご存知なのでしょうか。)

 

 

ネット検索すると「不仲が噂されていた2人が」とか、色々な記事があったりするけど、私が感じたこと書きます。うろ覚えだけど。記憶すり替えられてる可能性あるけど。←

 

 

あの頃は、誰と誰が不仲とかそういう事よりも、かつんさんを見ててとってもヒヤヒヤしてた。

本番中に、メンバーの誰かがキレるんじゃないか、とか、共演者の誰かがキレるんじゃないか、とか、ファン減っちゃうんじゃないの?とか、ファンじゃない人がみたら印象悪いんじゃないの?とか。生放送とかとくに。

もうね、誰目線だよって感じですけどね、思い出せばきりがない。そんなこと感じてた。

いやはや、私が子供で分かってなかっただけで、きっとそんなことはなかったんだろうし、きっと彼はちゃんと考えていたんだろうと、今なら思えるけども。

 

 

で、そんな中での惑星コン、色んな話が飛びかって、正直ハラハラするライブだったような気がします。(出てこなかったらどうしよう、とかね。←はい、おくちチャック!)

あ、誤解ないように言いますが、とっても楽しかったんですよ。

全ステとか出来なかったし、しようとも考えてなかったし(お財布事情的にもね)、だから、本当に運が良かった。

 

お、ちょいと脱線。

戻しまして、ムラサキのイントロがかかった時、声にならない声だった(この頃から黄色い声は出なかった)。本当にゾクゾクした。さすがジンアカニシ、プロデュース力半端ない。

この曲が大好きだった。この曲が本当に大好きだったからまた聞けるのが嬉しかった。(ついでに言うとへじていとも聞きたい。←)

おそらく、ドームにいた全員が驚いて喜んだと思う、ドームが湧いた。ちょっと五月蝿いくらいだった。

 

そしてじんくんとお亀ちゃんが歌う。

 

奇跡、とまでは言えないけど、本当に本当に運が良かった。

 

ステキでした。

 

そして、マジで五月蝿いくらい、悲鳴というか、地鳴りが起こった気がしてる。

人間の記憶は曖昧。

 

 

 

(だいぶ美化してることを自覚している。)

 

ちなみにお亀ちゃんがお得意の「構って構って」をじんくんに向け、じんくんは照れてるのを悟られない様に、表情を貼り付かせてた。ように見えた。ということにしておこう。

この頃からお亀ちゃんが我々の需要を察知しているあたりさすがだと思う。

 

 

 

あれ?何が書きたいのか分からなくなっているパターン。

 

それから何年か。

今日は深夜に「亀と山Pとクリームシチュー」リアタイは出来なかったんだけど、今、見ました。

スタジオも錦糸町も純レバ丼も…。

きっと、二人の思い出の中に、彼もいたんだろう、と。

(純レバ丼、「さしめし」でじんくんが食べてたやつでFA?なんだこの匂わせ。何て幸せな匂わせなんだろう。)

 

 

なんだか幸せになりました。

 (お互いにお互いがいると、本当に柔らかく笑う二人だね。)

 

 

 

 

懐古したけど、「あの頃"は"良かった。」でなくて、「あの頃"も"大好き。今"も"幸せな気持ちにしてくる。」

そんな彼も彼も、やっぱりステキだなぁ。

 

 

 

と、いつもの如くまとまらずにドロンしますかね。ドロンってなっ。

久しぶりの更新だから緊張する。内容もそこそこデリケートゾーンだからなっ。←

 

 

(あ、ムラサキの中西のくだりも、好きよー。)