そんなきみがすき

思ったことを書いてみる

cartoon KAT-TUN Ⅱ You という。

 

タイトルの「Ⅱ YOU」と「という。」をかけてみたけど全然かからなかった…。

 

 

さて、新年ひとつ目の懐古ー。

約10年前か…。(遠い目…)

 

では、サクサクいきます。

 

 

 

これね。

↓ 

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(ブックタイプ・ジャケット) [DVD]

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(スタンダード・ジャケット) [DVD]

 

 

  • OVERTURE

一定の周期でポップなことしたがるのはかつんちゃんの習性かしら。知念くんがただただ可愛らしいオープニング。

 

  • SHE SAID…

OVERTUREからの差。ギラついてる。

(´∀')「Are you Ready?」からの赤西くんの高笑い(高くない)が響き渡ります。この感じ好きだー。あと、高音ハモりの声のハリがすてき。

グラサン率の高さ、と、それにまじるひとり女教師(た)。たさんの襟足がくるんとしているのでとっても満足です。※最近の中丸くんの「とっても」って言い方が好き。

 

前奏終わってぴょーんってリフター乗るとこのかつんちゃん達のおもちゃ感ばんざい。

珍しくお亀ちゃんのサイレント芸は不発。かわりに赤西くんのサイレント芸からのニヤリ顔に持っていかれがち。

超どうでもいい話だけど、中丸さんの「ぅおっもいいぃ~だすぅ~」がちょっと軽め。そしておたぐちゃんの声がちょっと高め。(この後も上ハモもちょくちょくやってるねー。)

最後亀梨さんからの投げちゅーが爆破します。すてき。※特効

 

  • Real Face

オープニング、歌い出すシンメに懐古厨が顔出してきた…。(危ない危ない。)「リアルを」で、宙をギューーーッってしっかり掴んでるお亀ちゃんが若かりし頃のお亀ちゃんぽくてきゅんきゅん。 

その後はムビステで移動っていう鉄板のやーつ。

「滑って空振り yeah~」の赤西さんの色気、一度ご確認頂きたい。

「ここを今飛び出して」のこきたんの古風なヤンキー感。全体を通して古風なヤンキー感が嫌いではないよ。

 

  • 僕らの街で

たさんのメガネを拭いてあげたくなるのは私だけでしょうか?

「誰も決して分かろうとは」のとこ、やっと声が重なったとこ、会場がギャーってなったの覚えてる気がする。おかえりってのはもちろん、その間KAT-TUNの顔として頑張って支えた彼に涙腺が弛む。

お亀ちゃんの肩に乗っけてるペットにくっついてるラインストーン、メンバーカラー入よね!?よねー!?KAT-TUNイチのKAT-TUN担。そういうとこだよ!?すき。

 

  • Jumpin' up

「What」の赤西くんと、中丸くんの高速お手降りと、トロッコ向かうたさんの歩き方と、歌い出しの亀梨くんの何か見つけた顔がかわいいな…。

この曲のこきたんは鉄板だわね。rapもお洒落だし、ピョコピョコもおかわ。

 

  • Peacefuldays

(冫、)「アタマっから飛ばしていきたいと思いまーす!」…確かに。ここでPeacefuldays。

曲始まりでスペル言うとこの赤西くんの笑顔が全力です。

たさんの見えそうで見えない脇腹に乾杯を捧げたい。

 

レーーーザーーーー!美しい。Jr.マンションに気を取られてたけどレーザーも豪華じゃないかっ。

そんなお亀ちゃんはスキップがぎこちなくてたまらない。結構スキップするお亀ちゃん。アイドルかっ!(アイドルだ。)

水色のお衣装に変わってからJr.くんと手をり合いダンスする時のキラキラ笑顔が眩しくてステキ。(この時のJr.くんの笑顔は眩し過ぎて直視出来ない。知念くん?誰?←頭だけでなく目も悪い。)

お亀ちゃんはソロで空に帰って行きがち。

 

  • Movin' on 

お洒落かっ!

前奏でしっかり踊ってくれてるのが好き。(そしてわりと揃ってる。)せり上がってくKAT-TUNの高級感。←

こきかめの掛け合いからのシュガーボイスたさん、からの中丸くん。良いグループだよ。赤西くんがフリが完全に入ってないのはご愛嬌。よく短期間でフリ入れたよね。と、Bメロでの田口さんの色気に乾杯。

間奏でベンチに座った友達部が向かい合って笑顔!そしてベンチのまわりをまわるときに田口くんが赤西くんを構うあたり…たまらん。

最後のベンチへの腰掛け方がKAT-TUN過ぎてごはん3杯いける。

 

  • Make U Wet 

アルバム初めて聞いた時衝撃だった記憶。セクシーにも取れる、出なく、どストレートにえっち。

そんなこきたんはソロでシャツを破りがち。下からのアングルで美しい上半身が照明に照らされとても美しいので見るべきだと思う。

 

  • Peak

えーーー!マント(ジャケット?コート?)脱いじゃうのー!?!?

お亀ちゃんがホストなとことか、たさんが姫なとことか、おたぐちゃんが王子なとことか、赤西くんがピエロなとことか、中丸くんが足長いとことか、こきたんがギャングなとことか、総じて良かったのに‼(でもこの白スーツもすき)

「真実は」のたさんの手首の窪みを拝み倒したい衝動にかられてから「空っぽの」で若かりし亀梨さんを象徴してる腰つきに少し脳内タイムスリップしちゃう。

「退屈なだけさ」後のおたぐちゃんを中心としたじゃれ合いなんだよぅ。かわいいじゃないかぁ。

ムビステでは白スーツのかつんちゃんが、メインステージでは赤いお衣装のちびJr.くんが、横一列でダンス。ナニナニそういう感じ?グダグダだけどおかわ。

 

  • フリーズ

改めて白スーツここきたんが良い!

仁亀のトロッコ移動が速すぎて戸惑いが隠せなかった。華麗。

「レペゼン まずは」でこきたんの肩に腕をかけようとして失敗する中丸くんが、ちゃら丸くんだけどおじいちゃんですき。

 

  • GOLD 

「お前ら声出せねぇんなら、命はねぇからな!」

きゃん、命とられる!

歌い出し、手すりにもたれる赤西さんの立ち姿がこの上なく美しい。

フロート?なんか豪華なマンションの一部みたいなのに乗って移動するKAT-TUNさん。(田中。は途中合流)

 

  • ONE ON  ONE 

こたつのハグっ!そして実は中西もハイタッチ?してる。

今まで披露されているONE ON ONEの中でかなり上位に食い込んでくるであろうこの回のONE ON ONE。こきたんのrapもお洒落だし、中丸くんの歌声も(チャラ丸期にしては)澄んでる。さらにきっちりスーツを着る中丸さんと、がっつり着崩す田中氏の対比もすき。欲を言うなら中丸さんには第一ボタンまで留めて蝶ネクタイを…。(この頃のKAT-TUNさんにそんなお衣装を望むのは難しいけれどもー!)

 

はい、スルメ来た。

「僕の夢の中で」で見つめ合う友達部がステキー!そんな友達部の奥にはくるくる回る知念くん。

 

  • BUTTERFLY 

このお衣装大好物なやつ。

赤西さんのフラストレーション爆発!って感じの歌い出し、ジン・アカニシで最高。

一方たさんは…、扇!? 姫…。悪くない。苦しゅうない。

 

  • Messenger 

ムビステで扇子パタパタさせながらクルクル回る姫のお戯れがたまらん。ジャケットずり落ちて肩が見えてるのも、わざとかっ!わざなのかーーーー!

「気持ちのまま腰揺らせ」のお亀ちゃんがほんとお亀ちゃん。今とはまた違った印象受けるのはなんでだろう?(聞く。)

その後のこきたんの優しげな表情にもほっこりするぅ。

 

  • SIGNAL 

たさんのボトムがEE JUMP方式(若いコ伝わる?)で足首が見えて良かったです。足首が見えてると、「What's goin' on」のとこでのペタペタ感が増すのでやはり衣装さんに感謝しかない。

「心で切り取って」とハサミでちょきちょきする中丸くんの指が美しい。

センステからメインステージに出荷されるKAT-TUNさんのスピード感が職人技。(スタッフさんの。)

 

  • YOU

中丸くんの衣装からマジックテープが全見え。この衣装、絶対好きじゃないよね?(って思ってたけど、2013年のカウコンでも着てたから、そうでもないのかな?中丸くんなら嫌いなものは嫌い、嫌なものは嫌ってなりそう。いや、彼はそれらを超越してるのか。「無」なのか。)

「自由になれる」の赤西くんの笑顔がきらき

らしていてつられて笑顔。

 

  • サムライ☆ラブ☆アタック

(L・O・V・E)

もう、嘘かと思うようなお衣装。ヘッドセットがなければ意外と普通、むしろ良い?とか一瞬思ってみたけど、左腕とか金のハートがびっしり。ブレないどセンス。さらに右肩出したらメッシュだからね。(謎に金さんの要素も入れてきた!)

何だかんだ言っておたぐちゃんのこの感じ結構好きよ。(⌒ー⌒)「どっかん!」からトロッコで疾走する姿、嫌いじゃない。

「俺、最高」ism。

誰がなんと言おうとこのどセンスは良いと思う。突き進んで欲しい。(突き進んだ結果、約10年後、これまたどセンスのピョン吉Tシャツで私を驚かせた。)

 

  • オリジナル・ブルー

お亀ちゃんがぬいぐるみに向かってぶりっこ。悪くない!

赤西くんの髪型が本公演イチ好み。赤西くんの耳が大好きよ。

じゅんのはこのまま歌うのね。あたりまえか。

こきたんのはこういう衣装のとき間違いなくこのシルエットになるよね。

上田さんの鎖骨が拝めるユルめTシャツは鉄板。

中丸さんにロングコートを着せてくれたことに感謝が溢れる。

 

  • ピカピカⅡ

揃ってコマネチしちゃうお亀ちゃんのおちゃめさは増長。田口くんから剣を奪ってお戯れ。Jr.くん達を斬りつけたかと思えば仁くんも!ありがとーーーー!←

 

  • Key of life

こんな衣装だったっけ?とか戸惑いを覚えた点についてはお口チャック。

中丸くんのソロ代表作。湿度高め、粘度高め、好きじゃないワケがない。「(作詞とか)絶対出来ない。」とか言ってたのに、いざ作るとコレだよ。何?天才?天才なの?この方の器用さったら。踊ったら踊ったで美しいから困る。

「君の寝顔を見つめてる日々がそうこのまま続いて」って魔法にまで頼りながら願うあたりが素敵だけど、最後の最後に「またすぐに分かり合えるよ」って確信してるあたり恐怖しか感じない。好きすぎる。

 

  • LOST 

ロックなハズなのにクラシックに始まり高貴な気配がする中、燕尾服にて登場。胸元にはチョーカー。さらにノースリーブシャツって、好きの盛り合わせ。

上田さんがこだわった光の演出。ちょっと酔ったのはここだけのハナシにしとくね!(DVDだとイマイチ伝わり難い気がしてる。)

なんか、なんだかとっても、大人な香りのする歌詞な気がするんだけど、気のせい?それを絞り出すようなSugar Candy Chocolate Voiceで歌ってくれるから…

おひねり挟みたい‼

レーザーの真ん中に立つ美しさ。KAT-TUNの2大姫はレーザー好きかな?

 

  • ハルカナ約束

「いつも誰がに任せた」で鉄骨?にもたれ掛かる赤西くんが男前過ぎてちょっとツラい…。そして何度も言うけどお亀ちゃんが髪括ってるのが堪らなく好みなので、多用して欲しい。

転調後のメインステージでの「信じる君が」の「君が」のとこ!ロバ丸!ろばまるがステキ過ぎて泣ける。その後ふたりでムビステで移動も安定感あって堪らなく愛おしい。

鉄骨?から降りる前の(「信じた夢」あたり)お亀ちゃんが伸びー!ってしてるとこ、so cute!!

 

  • Le ciel 〜君の幸せ祈る言葉〜

前奏で、口元を拭うようなフリの赤西さんが最高にジン・アカニシで最高。

ムビステにちょこんと座って足をぷらぷらするたさんが可愛らし過ぎてきゅんきゅんが止まらない。それを気にも留めない帝王はやはり帝王なんだな、と、ロバ丸の関係性を改めて確認出来ます。(でも最後に中丸さんもしゃがむあたり、やっぱりろばまる。)

 

  • ど〜にかなるさ

「だって Yeah」で高確率でピースしてくれるいつもクールぶってる(←)赤西さんのお茶目さが、嫌いではない。間奏最後に「あぁー!」って顔歪めながら絞り出すとこも。

ガン見しながら見下しつつ(位置的にね)歌う亀梨さんが素敵よ。

えっ!?上田さんの肩に腕をかける中丸さんを見て悶絶してるのに、その後たさんがカメラ探して2人でピースですか?なんなんですか?カメラ探しちゃうのもツボ。ライト付いてるカメラ探すの苦手なイメージだが、芸歴何年だろう。(この数年後のライブでもカメラを探している…。)

 

「まるで空っぽの俺を」と歌う上田さんの優しくて強く囁くような甘い声がすてき。それに中丸さんが深みを出してくれるから、やっぱりすてき。

「傷つく覚悟さえも出来てないのに」の赤西さんの表情がすごく印象に残ります。言い表せないけど、すごく印象深い。(語彙力)

「俺は 今日も深い闇に」の中丸くんが優し過ぎて沼。(「遠い空」と歌詞間違えたけどね!)

初期のKAT-TUNライブで鉄板の、会場全体、ムビステ下からの煽りの画は健在です。そして、お亀ちゃんのsayの時の6人横並びは涙が出る程美しい。

メインステージ着いてからの「遠い空に手をのばす」で横一列のKAT-TUN。至高。美しい。これでもかってくらい、光を浴びるKAT-TUN

 

 

こきたん

挨拶の時お帽子を脱ぐとってもいいこ。

 

おたぐちゃん

愛してるよ、ってサラリと言えるアイドル。

 

上田さん

赤西くんの名前をしっかり出す優しい人。

 

中丸くん

彼の愛してるよを初めて聞いたのがここ。

 

赤西くん

1番の声援をもらい、前向きな言葉を発した彼。

 

亀梨さん

矢面に立って戦う最年少のしっかりもの。

 

 

KAT-TUN 6人で…」

 

 

 

ここからアンコール

 

 

  • 喜びの歌

ムビステの耐久性が気になってたんだけど、それすらも楽しんでいる節のあるかつんちゃん。じゃれ合っているキミタチが好きだよ!

2番始まる直前のたさんのぶりっこが可愛い過ぎるので、是非ともご確認お願いします。(あとおヘソをチラつかせる確信犯なので念のため確認頂きたい。)

 やはり「素晴らしすぎる」の友達部は素晴らしすぎる。もう、にっこにこ。「ずっとそばにいるから」のこきかめもっ。この曲のお亀ちゃんのアヒル口率の高さも是非ともご覧下さい。

 

ちょっかい出しに来た赤西くんを鎖骨を触り黙らせる中丸さんの帝王っぷりをご確認ください。(その後彼は田中氏の鎖骨もむぎゅーってします。)

ライブTシャツをその場で着ちゃうおたぐちゃんのそう言うとがすき。

 

  • Will Be All Right

たさんの遠吠え…。

みなさんトロッコに乗って移動。みんなにっこにこでお手振り。

ラストスパートのように亀梨さんの亀梨和也みが増量。後半は赤西さんの独壇場。おたぐちゃんは終始にこにこでこっちまで嬉しくなる。こきたんは安心できる優しーいお顔が印象的。たさんも笑顔が多くてきゅんきゅん。1番客席に話しかけてくれたのは中丸くん。

ありがとうございました。

 

  • Real Face

ちょこっとずれるお亀ちゃんにつられて大いにずれる赤西さん。そして人のせいにするジャイアン。そんな中マイペースになにかを置きに(取りに?)行くたさんがツボ。

赤西くんに水かけられ、亀梨さんとスレ違いざまにくるりんちょして…中丸くんの愛されっぷりね。(その後、赤西さんに口に含んだ水をかけられるという惨事。)

2番終わり、rap中のこきたんのフォークダンス的な動きを是非ともご確認ください。

ツアータオルを客席に投げるも届かないという中丸くんの中丸くんによる中丸くん過ぎるパターン。けど「このTシャツ俺が書いたんだよ」的なアピールは欠かしません。(可愛いので、是非ともそれをツアーTシャツに。)ちなみにTシャツをアピールする中丸も全力かわいいのでご確認ください。

 

《BONUS》

  • ENⅢ ハルカナ約束 

(冫、)「アンコール大好き」

お亀ちゃんが通路に降りた途端、全力で出てきたスーツの大人達。お疲れ様でした。

6人のKAT-TUNがただいま、で、おてて繋ぐかつんちゃん。こきかめ、そして仁亀にておてて繋ぐっていう卒倒もの。その流れに気付かない上田さんを「うえだっ!」って呼んで手を繋ぐ赤西さん。上手のおたぐちゃんと手を繋げなくて、足をパタパタさせる上田さんと、それをくっしゃくしゃの笑顔で見る仁くんとお亀ちゃん…。至福。

 

  • 注意事項

お亀ちゃん→謎の雑魚キャラ

赤西くん→くだパイ健在

田口くん→ナダル風(先取り)

こきたん→悪役商会

たさん→ボヤッキーからのジャニーさん

中丸くん→ウグイス嬢

で、お送りします。

 

 

 

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(ブックタイプ・ジャケット) [DVD]

 

TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(スタンダード・ジャケット) [DVD]

 

 

脱退を肯定も出来ないし、否定も出来ない。

「昔はよかった」もある、けど、「今がいい」もある。その時々で、その瞬間が最高ってこと、たくさん気づけたDVDでした。

そんな10年前のDVD。

 

気になったかたはお年玉で上記リンクをポチッとな。

 

 

(お年玉とかもらえないので、頑張って働きます。)