読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなきみがすき

思ったことを書いてみる

Real Face というライブの感想と記憶

DVD KAT-TUN

 

今回はこれを。

KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face" [DVD]

 

デビューライブツアーってことで、思い入れのあるライブなハズなのに、結構な部分で記憶から抜け落ちていたライブ。衣装とか髪型とかの記憶も結構抜け落ちている…。なんでだろうか。(知らん。)

 

KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face" [DVD]

 

  • OVERTURE

やっぱり亀梨くんはしっかりものだなぁ…と思うデビュー会見映像とか入ってます。総じてみんな尖っておる…。(じだい)

さて、曲が始まってステージに登場したお亀ちゃんの長髪っぷりにびっくりします。みなさまギンキラギン。全然さりげなくない。ギンキラギン。

中丸くんはあれだっけ?デビュー記念にピアス開けたんだっけ?でも後悔してるんだっけ?閉じたいんだっけ?(10年後W誌にて凄まじい色気のグラビアを残すことになるので、ピアス開けて正解。でも普段はピアスつけないでね。←)

 

  • Reel Face

結構記憶から抜けてる…。(衣装も、2013年のカウントダウンでも着たとき「いつのだっけ?」ってなった気がしている。)

上田さんの出で立ちがおんなのこです。最後の「思いきりぶち破ろう」とか、ピースしちゃいます。女子か。女子高生か!

亀梨くんは心配になるほど痩せてる。健康第一だけど、この頃のビジュアルの印象が強くて、亀梨くんはガリガリのイメージをまだ持ってるので、実は今の方が見慣れなかったりする。←

 

  • ハルカナ約束

前奏の最初の「ホイホイ」のとこの中丸くんから色気。からの、上田さんの美。

一番サビ終わり、死んだ目で「ハルカナ約束」をする中丸雄一(22歳:当時)がすてきなのでお時間ある方はご覧ください。なくてもご覧ください。

最後の「走る君が」の亀梨くんが、カワきれい。カワイイしきれいって最高だな。かと思えば最後の「約束」は全力のホストみ。このころ歌舞伎町のホストはみんな彼らに寄せていた。寄ってなかったけど。

 

  • Le ciel ~君の幸せ祈る言葉~

(´・ω・`)「るしえーーーーーーる!

が、聞きたいよ? (#・A・)「ルシエーール!」でもなく、(´・ω・`)「ルシエル…。」でもなく。

ちっ、マントないのか…。

全体を通してこきたんの動きか激しいので、我々も一緒にノリましょう。

 

  • GLORIA

フロートからトロッコに移動。まるで工場から出荷されるかつんちゃん達…。おかわ。おかわ。店頭並んだら買い占める。

うっかりしてたけど、この曲めちゃ懐かしいのね。希望と願いに満ちた歌詞が泣けるわ。(見てたよ、グラチャン。)

「My Dream Your Dream」で全員が横になるとこ、ぞくぞく感ありますよ。やっぱりKAT-TUNつよいよ。

 

  • FIGHT ALL NIGHT

これぞKAT-TUN、この感じ。っていう始まり。KAT-TUNの6人がおんなじステージに並ぶ威圧感っていいわ。

お亀ちゃんの「寄り添えるまま」のニヤリがセクスィー!赤西さんの「鼓動乱れるこの胸を」の腰つきといい「綺麗な密になれ」って歌うお亀ちゃんといい、なんかこの集団すごいな…。

こきたんrapの間奏ではみなさんわりと自由に踊ってらっしゃるんですが、ニコニコおどる友達部がかわいいので霞む目を擦ってぜひご注目ください。

 

  • GOLD

お金を払ったうえ「命はねぇからな!」って脅されます。海賊帆再現。

しょっぱなの「汚れたシャツが君の地図さ」でシャツをペロッってした時のお亀ちゃんの腹筋が兎にも角にもすんばらしいので、必ずご覧下さい。

この頃「THE END OF WORLD CRYING, 」が低音じゃないのね。いつから通常版と低音版を使い分けるようになったんだろう、参謀中丸氏。

「旅立ちの金が鳴り響く」の赤西くんのカメラ目線が戦闘力つよい。目線が強いワケではないけど、とにかくつよい。

最後の「Don't you wanna see it 」の「wanna」で一瞬映り込む中丸さんのサブリミナル効果で、DFEを求めがちになりますのでお気をつけください。中丸さんで忘れてはならないのが、執拗にからむお亀ちゃん(美人)を軽くあしらう帝王み。

まじつえー。

 

  • NEVER AGAIN

「listen」でなくて「Are you Ready?」ですって。 やるね、お亀ちゃん!そんなお亀ちゃんは「話せないよ」でもやってくれます。笑顔が可愛すぎるわ。

「3・2・1」は沼。

「No Fake」からはクライマックスにかけては今見てもぞっくぞく。…ジン・アカニシ。

 

  • SHORTY

すき。このライブでのソロの中で一番好きかも。こきたんのブレなさもあるし、単純に容易にアガる。

あとね、中西のダンスが良い!よく二人を持ってきた!特に赤西くん。しょっぱなからものっっっそいイケております。簡単に乗せられてこちらも腕をぶんぶん回しがち。ちなみに中丸くんの「スピーカーの上」の大きなフリも好きです。メインモニタの中西の映像バックにパフォーマンスする田中氏にとりあえず言いたい、最高です、と。

 

  • 誓心

イントロの大きく腕まわすフリが男前。こういうおたぐちゃんいいと思う。(この後の「サムライ☆ラブア☆タック」も。)

壁宙の時の背中のしなりが最高にセクシーなのでご覧あれ。

ある意味背中に龍を背負っているおたぐさん。この衣装(おたぐちゃんにぽくて)良いじゃない!って思ったんだけどな…。数年後に(冫、)「これ、何て(言って)発注したんだよ!」的なこと言われちゃうやつ。

あ、終盤ジャケットの前はだけるのはナシね。

 

  • 00'00'16

細くて髪の長い亀梨くんもいい。短めであんまりふわふわしてないのが好みなんですが、これはこれで。(ほっそいお亀ちゃんが好みなので、このころのお亀ちゃんには大概甘い自覚がある。)

しかしなんなんだ、何をやっても可愛セクシー。

 

  • ONE ON ONE

むむ。2012年より中丸さん歌ってるとこ少な目ね。(こっちが本家か。chainの歌割りの方が感動的でわたしは好きかな。)

「5年の月日」「先を行ったはずがおいてけぼり」と、結構な確率で泣いちゃう曲。中丸くんの湿度と粘度がこわい。すき。←

上手下手からバクステ側で近づいて握手。ぐすん。

 

  • フリーズ

客席近っ!(しかし、何度も言うが記憶から抜け落ちがちなのは、これも例外ではない。)

この至近距離で、赤西さんの耳を見た人、亀梨さんに歌いかけられた人、ご無事ですか? 私、呼吸止まる自信があります。あかにしくんのみみ。ぐはっ…。

 

  • SHE SAID …

「I REMEMBER」での友達部のキビキビ感(その後ろの中丸さんの首元からは例のごとく色気) と「IF YOU LOOK BACK」でのOXY(って始めて使ったわ。)の悪そうな絡み、と、引き出しいっぱいのかつんちゃん達。

さらに「明日は見えないから」でお亀ちゃんに対しての中丸さんの帝王感。それが終わっても「TO THE TOP OF THE WORLD」の2J(こちらも始めて使った。)、「約束の地へ」のこきかめと、たたみ掛けるように酸欠ポイントがやってきて忙しい。

「君はいない 痛みはない」のシンメ感はなんなんだろう…。尊すぎて苦しい。(過去案件すみません。)

最後の上田さんの後ろ姿と炎は最強。この頃から上田×炎の公式は出来上がっていたのか…。

 

曲頭、「騒げー‼」前のお亀ちゃんのイーって笑い方が素敵過ぎるからリピート必須です。中丸くんはTシャツを被って何がやりたいんだろう。と、いう女王魂でも感じた疑問。

ムビステでの中丸くんのお手ふりが終始可愛すぎる。どうした?

 

前奏、スタンドセンターからの引きの映像がカラフルきれい。かつんさんでは珍しい感じかな?(聞いちゃう。)

こきたんスクラッチ!「修羅場過ぎて」の亀梨くんの「て」は私の語彙力ではあらわせないので一度見て下さい。強いて言うならこちとら「むきゅ」ってなる。

 (・゚ρ゚)「中丸ー(冫、)「はいっ」

 (・゚ρ゚)「うるさい」(冫、)「はいっ」

(#・A・)「うるさい(冫、)「はいっ」

 

ステージ下手の友達部も中央のこたつもなんかシンクロ。上手の中西のペコリの完璧なシンクロ。  おかわ。

 

  • SPARKING

誰かのエッセンスを強烈に感じる件は一旦おいておいて。

鎖骨がスバラシイ!

にこにこと、ドラム、ベース、ギターと渡り歩きます。牧野さんも上里さんも仲江川さんもつられてニコニコしちゃう上田マジック。上里さん、仲江川さんと同い年じゃなかったっけ?上田マジック。最後のペコリの手から感じるあざとさ。上田マジック。

最後まで鎖骨ありがとうございました。

 

  • MY WEATHER

バックダンサーに友達部を従えて。このお亀ちゃんの感じ好き過ぎるけど、中丸くんの見せ場なので持っていかないでね。と、切に願いますが、結局は中丸くんのハットからのぞく鋭い目に持っていかれます。

瞬間移動の後の「この部屋そう呼びかけて」の右手!卑猥!ひわい!(もしくは落ち着きがない!)

 

  • PINKY

このイントロってテンション上がる。

赤西くんのソロの感想って、いつもどう書くか悩むの。全部がひとつで、どこがいい、とか、どういい、って表しにくい。

とにかく百聞は一見に如かず。

 

スルメソングだと思ってる。衣装の感じも好き。「温かい温もり」「たくさん作ろう」とか、とにかくふたりの爽やかで可愛い感じが堪能出来るのでぜひ見ていただきたい。オススメはトロッコで近づいた時、お亀ちゃんが煽ってから、ふたりで歌い出すとこ。じゅんのくんがなんだかお兄さんぽいのもぽいのもポイント高し。(サイズ感?)

当時聞いた時より、今聞いた方が断然好き、今後何年かして聞いたら、もっと好きになってると思う曲。

 

  • I LIKE IT

これ、難しくない?ファルセットに変わるとことか、サビとか。MAX何パートに別れてるのかしら。(貧相な耳では聞き分けられないけど。←)

「EVERY TIME ~ 」の最低音パートは中丸さんだと信じているのですが、合ってますか?みぞおちの少し下あたりにぎゅんぎゅん来ます。

とりあえず「LIKE IT」の中丸さんの美し過ぎる指差しと、お亀ちゃんの可愛い過ぎるのクネクネに注目して下さい。

 

  • BUTTERFLY

いきなり赤西さんが落としにかかってきます。上田さんのソロんときの笑顔もイイ!

全体的に、カッコイイ!セクスィー!とかなる感じだったと思う(当時の記憶)。

上田さんは青、赤西さんは赤のステージで。赤西くんも上田くんの共作感。

 

  • WILDS OF MY HEART

衣装がバラエティ豊かっwww(でも実はペア。)

お亀ちゃんの「聞こえない」サイレント芸はまだ出てません。(そのかわりの笑顔とおててがおかわです。ちなみにその後の「君の声」の仁くんのおててもおかわです。)  

中丸くんの「ぅおんもいぃだすぅ~」は安定感あります。田口くん、赤西くん、中丸くん側のムビステ、楽しそう。2Jの絡みもなんだか微笑ましいし、中丸さんはスタンドマイクで嬉しそうだし。←

 

  • ピカピカⅡ

かわいいかんじの曲だと思ってたんですが、中々ロックなピカピカⅡ。

 

  • ツキノミチ

ピカピカⅡの流れを引きずって少し激しめツキノミチ。

ろばまるのぴょんぴょんのシンクロが見れて私はシアワセです。

 

  • PRECIOUS ONE

デビュー当時からね、幅広いのよ、かつんさん。

仁くんソロ、お亀ちゃんソロの時にシルエットで映る4人がとっても美しくて息とまる。お亀ちゃんソロが終わった後のキレイ過ぎる笑顔も。

「たとえMILLION YEARS 時が過ぎても」これね、今見ても涙腺緩んだ。中丸くん、デビューして本当に嬉しかったんだな、って。←

中盤の「SOMETIMES 時になぜか」で6人後ろ姿、ムビステ、泣ける。「君のそばにいる」での正面も。

がんばれ、応援してる、がんばれ。

最後の「ONLY ONE」での田口さんの決意の顔(に見える表情)。ちゃんとまわりの人に感謝して、自分の言葉でしゃべって、帝王なのに一番泣き虫なおじいちゃん。家族やまわりの人を気遣う赤西さん。最年少、しっかりもの、エース、誰かの言葉を借りるなら、この頃から亀梨和也亀梨和也でした。「ろくーん」って言っちゃった時の最年少を見つめるみんなの表情、すごくいいと思う。

 

  • Real Face

衣装、いい! (布の無駄遣いっていいね!) 上田さんの剣とスカート、亀梨さんのハット、赤西さんのベスト&ボトムス丈感、全てカンペキ。あと、チャラ丸さんの素肌にジャケット(と、じゃらじゃらネックレス)が拝めます。

背中合わせの中西、剣が楽しい上田さん。あとは「見つけにいこう」のお亀ちゃんの指差し、ウィンク、笑顔の破壊力!

フロート交差時、剣が嬉しい上田くんは中丸くんを攻撃。はぁ、ろばまる。

 

  • Peacefuldays

フロートでもステージでもぴょんぴょんする田中。過去映像を見てもやはり亀梨和也亀梨和也である件には尊敬しかない。

最後にステージに並ぶかつんさんはやはり戦闘力つよい。この衣装(主にボトムス)最高。移動する時にたっちがスカート(と言わせて頂く)の裾を引き上げながら歩くのも含めて最高。女子力!この頃から既にKAT-TUNの衣装デザインの人は天才だと思う。

 

  • Will Be All Right

かつんさん達はまだこの頃は脱ぎがち。←

たつあさんのぶりっこ、なかまるくんのにこにこおてふりににんまり。

 

  • ハルカナ約束

中丸さんにマイクを差し出す赤西さん。赤西さんパート歌いきってガッツポーズの中丸さん(←なんで?)。中西っ!いいよー、その男子校感!肩叩いて呼び止める時の赤西さんの小走りと、中丸さんの気ぃ抜きぷりが男子校で良いです。

「Promise you」でのお亀ちゃんの指差しからは、年齢不相応な色気。最後に小指たてて笑顔で約束するお亀ちゃんにぎゅんぎゅんしたままクライマックス。

(映像はあっさり切れます。)

 

 

本編おわり!

(映像はあっさり切れます。) ※二度言う

 

 

 

あと、ボーナスついてます。

 

横アリでの各メンバーソロ。エフェクト多様で雰囲気だした映像になっております。感想ざっと。

・00'00'16

曲始まる前、椅子に向かって歩くハット越しの唇とお肌のキレイさ。映像エフェクト多様でプロモっぽい。

・PINKY

やっぱりこの人はダンス上手いと思いますの。照明と表情の作り方とかね、すごいと思うの。

・誓心

炎エフェクト!手足長い!でもやっぱりジャケットの前は開けちゃう…。

・SHORTY

雰囲気出てる映像となっております。やっぱりこのツアーでは一番好きなソロだなー。

・SPARKING

あんなに髪の毛傷めつけたはずなのに何故っ!? と疑問をもたざるをえない髪のキレイさ。安定の鎖骨とじゃんぷとおじぎ。

・MY WEATHER

帝王感とDFE。両方、ドームより拝めると思うので見ていただきたい。

 

↓これに入ってます。 

 KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face" [DVD]

今日買えば、地域とショップによっては週末に見られるよー!(せんでん)

 

 

そんなこんななデビューライブツアーでした。

 

やっぱり大半が記憶から落ちている。リピートのラインナップからももれていたライブDVD。当時、盛り上がる、というよりとても客観的に、他人事のように見ていたように思う。なんでだろうか。(知らん。)

いや、客なんですが、他人なんですが。

 

あら、いつもの如く脱線したので軌道修正。

ものっっっそいギラギラ。ギンキラギンのKAT-TUNさんが確認出来ますので一度と言わず、二度三度ごらんあれー♪

私もリピートしよー\(^o^)/

 

(YOUのビデオクリップも入ってるよー!)