そんなきみがすき

思ったことを書いてみる

come Here その3 京セラドーム カウントダウン

 

 

胸がざわついている!

 

 

そろそろ年末特番の時期ですものね!

 

 

 

そんな胸のざわつきの中、間に何か挟もうかと思ったけど、come Here連続で。懐古しかないからね!(やけくそ)

 

最近カムヒアリピートしすぎている…。

前年のカウコンとか、翌年の求魂にかまけてカムヒアを疎かにしてしてたことに気がついたわけですよ。噛めば噛むほど味があるね、カムヒア。スルメだね。スルメ魂だね。

 

KAT-TUN COUNTDOWN LIVE come Here 2014-2015 

 

こちらに収録

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here(初回限定盤2) [DVD]

 

  •  OVERTURE

やっぱKAT-TUNはドームがイイ!

上田さんの後光さしてる感じが良いよ、照明さんナイス!(慌てて光あてちゃダメっ)。黒幕の登場みたいでいけてるから、全員そのパターンにしようよ、ねぇ。

 

  •  COME HERE

「BEAUTIFUL STRANGER」お亀ちゃんのキラキラ笑顔の先には中丸さんという安定の爺孫の関係性。

ダンス中市ヶ谷間で何があったの?にこにこしている田口くん(かわいい。大型犬)の笑顔の先の中丸さんは無だよ?…いや、笑った‼ 微笑んだ‼‼ (そのあと、わざど険しい顔で表情戻した中丸さんが中丸さんで最高に萌える。) よかったね、田口くん、これで今日1日テンション高いね!(お亀ちゃん基準)

最後、一人だけ右下にバーンする中丸氏。

 

  • Real Face

「ありえねーウソ並べたって」お亀ちゃん、ついに報われる、の図。嬉しくって声がちょっと上ずっちゃったよ。本当に嬉しそうなお亀ちゃんと、表情を張り付ける中丸さん。お亀ちゃんの心からの「いぇーぃ」。

今回これ以降も爺孫案件多いんだけど、中丸さんどうした? (こういう絡みって、(我々が望んでるの)わかっていてもやってくれないイメージしかない。)

 

  •  BIRTH

曲頭「終わりなき」で息ぴったりの市ヶ谷にきゅんを通り越してぎゅん。

「君を探す」の指差しを正面から撮ってくれたカメラさんありがとうございます。KAT-TUNの立ち位置も完璧。間奏の上手下手で順にターン指示出すやつも正面から撮ってくれたカメラさんありがとうございます。

お亀ちゃん安定のhey芸。

最後の「歩き出す」の中丸くんの右手が卑猥。(もしくは落ち着きがない!)

 

ベストの前ボタンを外す年下組ときっちり留める年上組。中丸くんのチェックが完璧です。ありがとうございます。←

唐突なたつあさんの頭突きは疑問しか感じないけど可愛らしいからどうしてくれよう。HBBもいつもと違うのは年末スペシャルか!(十中八九違う。) shadow上田、plane亀梨。映像遊びが楽しくなっちゃうかつんちゃんが好きです。

 

  • FANTASTIC PLANET

コホン、問題の中丸セクハラ事件はここですよ‼‼

絡まれるのは慣れてないお亀ちゃんと、してやったりの中丸さん。(ライト当たってないのに撮ってくれたカメラさんと、使ってくれた編集さんありがとうございます!)  ほんと、中丸さんどうした?

上田さんの「FANTASTIC PLANET」がFANTASTIC。存在そのものがfantasy。

市ヶ谷をステージ上部に配置したのは何度言うけど大正解だと思ってる。

 

  • DANGEROUS

「AMAZING」のお亀ちゃんのギュッってした顔にきゅん。AMAZING‼‼  直後「中丸構ってぇ」のお亀ちゃんが報われてると思いきや、実は後方(上田さん←希望)を確認している中丸くん。間奏で念願叶ってバグするもやはり中丸くんの視線は明後日の方向。無機質に背中ぽんぽん。強い…あんた強いよ中丸くん。 

意外に腰つき激しい田口さんはdangerous。けど、高貴。貴族。

温度のない「愛したいんだろう?」を歌う帝王には感謝しかない。

 

  • HIDE and SEEK

おたぐさんのハットが今日も最高です。髪伸びてよりいいっす。そんな姿でじわりじわりと責めてくる感じ…、控え目ライトからのサビで炎。なにこれ。そういうプレイなの?焦らし上手。まんまと術中にはまるので危険です。炎の影を顔に映し出すKAT-TUNさんは最高以外の何でもない。

やっぱり中丸さんの「時計仕掛け」は沼なので気を付けたい。「声にならない声を」の上田さんが侵食されつつある…。上田×炎は鉄板。強い。シルエットダンスは相変わらずかっこいいんだけど、出来れば正面から撮って欲しいんだなー。

瞬間移動はドームがいい!

「また騙し合っては」の亀梨さんからは色気しか感じません。

 

ぜんまい式の中丸さんは早くもここで登場かな?ちょっと興奮し過ぎちゃったので、一旦落ち着きますね!な曲。←

友達部でセンステ~花道、ろばまるでトロッコ。メインステージに向かいます。突然機械的な回れ右する中丸さん。

そしてライティングが美しい…。

 

葉巻が上田さんに替わってたのは相手がJr.だからかしらね。裏拳をとばす前の上田さんのちょい上目遣いが不謹慎にも可愛いです…。

相変わらず瞳孔開いた感じで、サビ前でピンクのライトが上田さんに集中して、両手を打ち付けるとこ…ゾックゾクする。

センステ移動してからビン(飴ちゃん?)でJr.殴り付けた後の上田さんの笑顔から狂気しか感じない。上田ワールド。他のメンバーはソロをメドレーにしてきてるのにAOLはメドレーにはしないあたり上田さんのこだわりを感じる。

こめかみに指を当てる姿が一番美しい(私比)のはこの回です。

 

季節感出してくるあたりの構成力。

Snowflakeの歌い出しの表情が思いの外、オスなことに多少なりとも衝撃うけます。にしても、中丸さんの声が耳触り良すぎる。なんて澄んだ声。清流。最高のヒーリングミュージックだわ。だけど、歌詞の湿度が高過ぎるのが最高に推せる。

「君との思い出」を胸に手をあてて大切に歌う中丸さんが美し過ぎて、ただでさえどうしていいかわからないのに「指輪はどうしよう」って、聞かないで。聞かないで。聞かないでえぇぇ。(どうした!?)「溢れる」とか「こぼれ落ちてく」とかカタチの無いものを求める中丸くんが切ない。儚い。参った。降参。

クレセントでアップテンポにしてくるあたりが策士中丸。一番サビ終わり「ただ吹かれてく」の「くぅ~」の中丸くんの立ち姿の全てがツボ。直立で振り絞って歌う姿は最高に推せるちなみに、花道を一点集中で見つめて歌う中丸さんには恐怖しか感じないので繰り返し見て下さい。

 

前奏のお亀ちゃんの両手フリフリがめっちゃアイドルでまるっこい指がかわいい。繰り返すけど、おたぐちゃんの髪型かわいいし、めがねを外してこんばんはの中丸くんもかわいいし、お手てフリフリする上田くんもかわいい。可愛いが詰まってる…。ぎっしり。

間奏後、「上昇中」で下降するお亀ちゃんの美。スターかっ!…うん、スターや。

HBB中に汗が目に入って、目をギュッてする中丸くんが、やめられない止まらない。

 

  • フェイク

 (冫、)「フェイク‼‼」

タワーで煽るろばまるの右手っ!一緒っ!一緒っ‼(ぜいはぁ)

(冫、)「ぅおきゃくさんもぉー」

(´・ω・`)「ぅおーきなこえでぇー」

たさんのファンサが優しくて高貴。一方の中丸さんのフロートかけ上がる村長感。効果音は「ほっほっほっ」。

「偽りで飾る世界」と歌うアイドル、KAT-TUNのみなさん。

 

  • WILDS OF MY HEART

前奏のジャジャーンの中丸くんの首クイクイってやつ、昔、高田純次さんがやってたよね?

お亀ちゃん安定のサイレント芸。中丸くん安定の機械じかけのオテフリ。

「雨が」のたっちのシンクロ‼‼ ※「あーめがー」の「あー」のとこ!双子!双子‼‼ (ぜぃはぁ)

「思い出すぅ~、ナナナナ…。」…いつもより「ぅおんもいぃだすぅ~」じゃなかったからだよ‼ 歌詞の間違えたことをお亀ちゃん?に律儀に報告する中丸くん

 

  • 楔 -kusabi-

「ONESELF」の田口さんの手の色気。…の前に田口さんに「仮面」って歌わせるの反則。

「翳った時代の正体」の中丸さんからは丸子の資質を感じる…。なんか好き。(盲目)

映像と組合わさると途端に中丸くんからゲームキャラ感の出るのはなんでかしら。(レンガ?に挟まれるとことか。)  あとは一度目サビ「分かるから」の亀梨さんと映像のシンクロが、なんか良いので見てみてください(←適当感)。二度目サビ後の田口さんの立ち姿が美しいこと山のごとし。やはり高貴。やはり貴族。

 

  • BLACK

亀梨さんがバンダナを外していらっしゃる。こちらの思いが通じたのかしら。←  

(あれはあれで可愛かったんだけどね。っていう最年少に甘い習性)

(冫、)「なんだよっ」「やめろっ」が爺孫過ぎる件。この公演はほんと爺孫が過ぎる。なんでだっ!2014爺孫納めか!?

相変わらず「its my darkness」のたさんがかわいい。ちなみに「寄せて返してく愛」で中丸さんが上田さんを確認してますので(希望的推察)悶絶しながら見て下さい。

 

  • BREAK UR CAGE

トランペットはアドリブではなくフリだったことに今さら気づきましてすみません。上手ステージカメラがバックステージ感あっていいな。てか、中丸さんどうした?ずいぶん嬉しそう…。←

演出がツアーよりも格段に凝ってます。ライブの進化が見れて嬉しいね。イスのダンスもおしゃれで推したいんですが、モニター映像で遊ぶとこがおもしろい。オススメはドラム缶に轢かれるたつあさん。※キックボードには触れない。

いや、だから…、それはステッキだよ?

 

KAT-TUN大忘年会】

(´・ω・`)お前、まなばねえなぁ。(「まなばねぇな」がたどたどしくて萌える。この後に出てくる「なかまるーぷましーん」って言い方も…萌える。)

(´∀')「上田っ、やめとけ、みんなが見てる。」(冫、)「いや、ちげぇよ。そういうことやるとカウントダウン間に合わなくなるからやめとけ」

♪チキチキアー(ずこーっ‼)のたっちのシンクロ‼‼ 双子!双子‼ 再び‼‼

(´∀')「おい、じいやぁ~、じいやぁ~」(冫、)「それやったらまずい、それやったら膨らむ膨らむ。」

(´∀')「膨らむ?OKOK!(キラキラ)」←素直かっ!

(冫、)「いや、まぁ、はぁ。

ナカマループマシーンは49,800円。(えっ!?安くない?そして具体的。)

(⌒ー⌒)「最高!

 

・サムライ☆ラブアタック

(冫、)俺これ知らんぞたぶん。」←そんなハッキリと…。

とか言いつつ、ちゃんと歌えてる(棒読み)KAT-TUN愛。 

・STEP BY STEP

前奏で嬉しくなって踊っちゃうおじいちゃん。でも亀ちゃんにちゃんと歌って欲しくて、不服なおじいちゃん。

(´・ω・`)「歌えてなかったけどいいよ。」(冫、)「まぁまぁいいよ。」

・絆

まさかの市原案件持ってきた‼‼(そしてちょっと寄せている)

マイクにケチャップつけちゃってあせってる上田さんおかわ。

・MARIE ANTOINETTE

メンバーのソロ曲全部歌える田口くんだもの、マリアン歌わなかったのは上ぴーへの配慮だよね。

(´∀')「早く歌えよ!」(冫、) 「お前が着替えんのおせーんだよ!」…君ら鬼か。

大人しくほっぺを拭かれる竜也くん。「ありがと!」って言ってるよね。かわいいぞ、たっち!本公演は爺孫だけでなくたっちにも優しいパターンですか?

 

  • WHITE LOVERS

た、たっ、たつやさんが「ラテ」って言った!したたらずに!これは悶絶に値します。「RING MY LOVE」の中丸さんからは大人の色気。汗に濡れた前髪越しの視線から色気。(腰をくねらせるだけが色気じゃないの。) 

「行き交う街角で」アイドル中丸からのアイドル亀梨。中丸さんが嫌がる煽りのアングル、好きなんだけどなー。照明とか映ってキラキラ増量。

あと、「寒空に」のアングルにも弱い。なんか泣ける…。

 

素敵過ぎる中丸さんの透明ヴォイスから始まります。濁りゼロ!汚れゼロ!

北極星だから「円を描く星々」なのね。迷子になったから(君に会えなくて)、君に出会うためにメジルシの北極星を見る…と。なんてステキな歌なんでしょ。(全て個人的解釈)

そんな美しい詞を歌う、中丸さんの澄んだ声。※くどい。

(あとの方の)「君の瞳に映るポラリスの下」の上田さんの美しさが過ぎる。立て続けに「宝石のような」美し過ぎる中丸さんの後ろ姿もやって来るからか気を付けたい。

炎とか廃墟とかレーザーも似合うけど、星空まで完璧に似合うのか君たちは。恐ろしい子達。

 

  • WHENEVER I KISS YOU ~ FLASH

田口さん!お衣装こっちの方が全然いいよ‼‼※強く、強くいいます。

スタイル良いからダンスが映えるよー。衣装の色のせいもあるけど、MADEくん達と踊ると中丸さんでさえ小さく見えてしまう時があるけど、田口さんに至ってはそんなこと全くない。いいよ。男前。

途中列になって踊るとこが残像みたいでめちゃくちゃかっこいいからとにかく見て下さい。その後、恐ろしく長い足上げも、併せて見て下さい。

 

サングラスこっちの方が私は好きです。(たくや様みが増すけど。)  KAT-TUNのライブは進化してるってのが良く分かる。

(最後の)「暗闇でも」でそっと優しくマイク包み込む色っぽさ。その後の青のライティングが美しいー!

エメラルドからピンクのハート、ということは…。(わくわく)

離さないで愛!!!!

黄土色世代は興奮しない訳がない!

安定しない声で幼いながらに色っぽく歌う姿も良かったし、全て悟ったように歌う姿もそれはそれで。

ボックスのモニタ映像とあいまって切なさが増量…みぞおち、鷲掴みされちゃう。

でもね、でもね、「私にもっとキスしてこわ…間違えたぁ」…うぉぉぉぉぉい‼‼ そこ、言わんでいい!(勝手に気づくから) 歌いきって‼‼ (なんならこっちの歌詞の方が好きだから)

まぁ、でもしらばっくれられない素直なかわいこちゃんということにしよう。せっかく剛くんから貰った歌詞だもんね。いいこ。(あと、「ソーリー」もかわいいからよしとする。)

 

  • TRIANGLE

お亀ちゃんお着替え中3人で出てきた時の、棒立ちの帝王に恐怖しか感じない。(褒めている。) 何でだろ?無表情だから?目ぇ死んでるから?でもっての「絡み合う」の帝王と「LOVE…」のDFEは安定の沼度。「過去さえ許せる」では上田さんの萌え袖っぷりが一瞬映り混みますのでお見逃しのないよう。※一瞬でも破壊力はんぱない。

何度も言わせて頂くが、これ挿入歌にしてショートムービーとりませんか?

中丸さん役と田口さん役の身長のバランスに突っ込まずにいられないのはごめんなさいだけど、やっぱ瞬間移動の演出ってゾックゾクする。焦らされて焦らされて…ギャー‼‼  みたいな。出てきた瞬間超興奮しません?(誰に問う)

最後の最後に「DOUBT…」の中丸さんの画を使って頂いたことに、ただただ感謝したい。

公演中、客席を間を歩いて移動っていう近年珍しい演出。威圧感はんぱない。

 

  • In Fact

田口さんの右肘左肘交互に見るガシガシダンスはいいねぇ。「見せかけのRISE」の青と水色のレーザーが好き。(水色のレーザーって綺麗だ…。)レーザーの色が豊富。

「掻き消してる」の「か」の中丸くんの前髪の揺れと雄度にどきどき。チラリズムってこういうことなのか!? 間奏では上田さんの歩き方が忘年会の隼人様を引きずっている件。

「時間(とき)が廻り出す」青と緑のレーザーに紫のKAT-TUNという中々珍しいパターン。ほんとレーザーの色が豊富。

やっぱり「答え探す」の中丸さん首筋から大量フェロモン。「希望が震え出す」の中丸さんの目が想像より遥かに死んでて震え出せる。

 

【COUNTDOWN '14-'15 MC】

(´・ω・`)「あれ?去年はここに穴があったのにないぞ?

かっちゃんが、歌詞間違えたことを理解しフォローするたっちゃん。(はぁ~、たっち。)

みんなりゅうのすけ大好き。

左前ポケットに勝運おまもりを忍ばせる配慮の男中丸雄一。(その後年明けてからもやたらポッケを気にする中丸さん)

2014年最後のお亀ちゃんのおへそ。きゅん。

上田さんは、ほんとカウントダウン大事にしてるのが嬉しい。

やっぱり今年も相変わらず帳尻合わせが苦手なかつんちゃん。

カウントダウン時の嬉しそうな爺孫。

挨拶頑張るJr.に辛辣な村長。

喋り慣れてる関西Jr.。

(冫、)「ジャニーさんに言ってくれよ。」「おれ、おれあれよ、こういうの受けても、平気でやらないタイプの人間だから、うん。」←

入口出口田口に新年は優しいろばまる。㊥「縁起物」㊤「すっげー良かった今の」

そしてまだ隼人様引きずる上田様。そんな上田くんのプロテスト示唆にひとり真剣に食いつく中丸さん。

 

レーザー×火柱。これ!これ‼これ‼‼

そして、なんてKAT-TUNな衣装。 これを待ってたの‼‼ やっぱりKAT-TUNの衣装さん大好き‼‼ 暗闇からじわっと現れるKAT-TUN様。

前奏で帝王が両手上げながら死んだ目で見下す姿とか、悶絶の向こう側に旅立てる。

戦闘力つよいKAT-TUNのみなさんが、サビらへんでは畳み掛けるようにやってくる…。「I NEVER」のVERんとこの中丸さんの帝王っぷりとか。「リターン出来ない」の機械的な上田さんの二次元みとか。(一曲を通して二次元が過ぎる。)「下弦」の田口さんの腰つきが思ったより艶かしいので、そのあたりを覚悟して見てください。

転調でろばまるっていう安定のパターン。

レーザーとか、ライトとか、照明とか、火柱とか、間奏過ぎたあたりからはラスボス過ぎてちょっと意味がわからない。威圧感凄い。会場を完全に制圧している。

とにかく戦闘力強い。  

(絶対覇気とか使ってるから一般人は近づいただけで倒れるやつ。)

 

  • SUMMER EMOTION

「First winter」に戸惑うたさんが可愛いぞ。DOAからのギャップ、もう、何なんだ君たちは!

一方の爺孫は…見つめあってますよね?中丸さんの上ハモが相変わらず綺麗なので、耳の穴かっぽじって聞いてください。

季節感無視でライブのこの位置にこの曲もってのくるKAT-TUNさんのファンタジー。水鉄砲じゃなくて良かった…。

亀梨さんは炭ガス噴射まで完璧にアイドルを演じます。一方、中丸さんは一点集中で農薬散布するので、その姿に震え上がります。かと思えば律儀にお辞儀するキャスター中丸。奥が深い…。

 

  • Believe In Myself

この曲の前奏でお亀ちゃんはぴょんぴょんくるくるする習性があるのね。

「彷徨(さまよ)いながら」の、上田さんの溶けそうな笑顔にこちらも溶けそうです。笑顔といえば「BRAND NEW MOMENT」のおたぐちゃんくしゃっとする笑顔も可愛い…。大型犬の如くわしゃわしゃしたい。

後半、天を仰ぐ上田さんが美しく神々しいので、一旦崇めます。

お客さんに「頼むよ~」って言っちゃう中丸さん。

 

  • MY EVERY TIME

正面引きの画、すごく美しい。

亀梨さんの仕草の全てがプロフェッショナルで尊敬しかなくて、

田口さんのみんなを安心させてくれる表情に心が揺さぶられて、

上田さんの美しく光を纏う姿に目を逸らせなくて、

中丸さんの控えめに主張する綺麗な歌声が大好きで、

それぞれのワンショットも美しいけど、全てを映し出す、全体の画が何度でも言うけど最高です。

モニター映像とライトも尋常じゃなく美しい。綺麗過ぎて辛い。

中盤の「ONLY ONE」のところと、エンディングのところ、容易に泣けるので、改めて見てください。

 

 

ここからアンコール。

 

  • Peacefuldays

ショットガンにせっせと弾を込めるMADEくんたち。それを真顔で撃つ上田さん。ショットガンに興味津々の上田さん。ショットガンが気に入った上田さん。

あ、私、お亀ちゃんが髪括ってるの大好きです。MY EVERY TIMEでしつこいくらい耳に髪かける動作も。←

田口くんの全力スペルはやっぱりみんなを幸せにしてくれると思うの。ありがとう。

煽りでもみんな引っ張る中丸さん。中丸さんの客先への声掛けにつられてメンバーも声掛けしてくれる多い気がする。(特につられがちな上田さん←)

 

  • SUNRISE

歌い出し田口くんニコッからのお手降りの好青年が過ぎる。あれ?上田さんは聖母かな?

一番サビ「YOU YOU」と、遠めから亀梨さんの後ろ姿のワンショットは奇跡の構図だと思います。あとは「BEAUTIFUL」と歌うbeautifulな上田さんのビューティフルが過ぎる。

一瞬、無機質にお手降りする中丸さんが映り混んで、2015年も安定の中丸さんです。歌詞をチラチラ確認する中丸さん。「時間(とき)と距離さえ越えてゆく」亀梨さんの首筋の破壊力ったらないですよ。

タワーがメンバーカラーですか、そうですか。

 

  • ハルカナ約束

I believe your promise, I promise you」って田口さんが言ってくれてるのね。そういうとこ好きだよー‼‼ マイクもちゃんとカウコン仕様。

フロートがメンバーカラーだよ…ね?(青とピンクが怪しい。) すぐメンバーカラーにしたがるやーつ。

ショットガンでいちゃつくうえたぐ。けしからん。もっとやれ。最後のお口とんがらせたお亀ちゃんがSo cute‼‼

 

  • 4U

中丸お兄ちゃんの替え歌が羨ましくなっちゃったおたぐくんが可愛いぞ。(中丸さん替え歌しきれなかったのは触れないよっ。)

終始にこにこしたお亀ちゃんはやっぱり見てるこちらも嬉しくなる。罪な男めっ!

「君にキスを」の中丸さん越しの上田さん安定感は2015年も健在です。

これもセンター引きの画が強力なので、ずっとそれでも良いくらい。

 

お、お正月だっ‼‼

ハードル上げすぎたこと、かつんちゃん達どぎまぎしてたけど、楽しいよー!お正月だよー‼‼

 

 

 

お正月はこれ↓に収まってます。

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here(初回限定盤2) [DVD]

 

 

今現在(ブログアップ時)少しだけプレミアついちゃってるから、強くおススメするのは何となくはばかられるんだけど…、KAT-TUN大忘年会とかあるから余裕があればぜひ。

 

とりあえずcome Hereって方はこちらどうぞ。

 ↓

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here(通常盤) [DVD]

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here(初回限定盤1) [DVD]

 

 

フォーラム(限定盤1)見るとライブが進化してくのが分かるし、ツアー開始直後なので比較的しっかり踊ってくれて(るように見え)ます。

勿論代々木(通常盤、限定盤1、限定盤2)も楽しいので、こちらだけでも。

なんてったって、この2つはBirdsが聞けます!カウコンでBirds外したことはいまだに解せん。その代わりPolaris入ってるけどさ。(私が世間とずれてるのか?私はKODAI IWATSUBOワールドが好きなんだぁぁぁー!)

 

と、話がずれた。

 

 

 

 

とにかく見れば良い‼‼

 

軌道修正できずにどろん!

(Ccome Here ~)