読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなきみがすき

思ったことを書いてみる

QUEEN OF PIRATES を見返してみた件。

 

充電期間になり5ヶ月経ちましたね…。(遠い目)

この期間を利用して、KAT-TUNライブを振り返ろうかと思っているわたくしですこんにちは。

 

亀梨さんは水星人かと思えば警察官になってるし、上田さんはアスリートとして大会出てるし、中丸さんは気づけば雛壇に座ってるし、、、。それぞれ素敵なんだけど、だーけーどー!

散らかしてるヤリスギカメナシとか、天使上田とか、帝王中丸とか見たいじゃない?

 

てことで、懐古第一段はこれ。

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES [DVD]

KAT-TUN2度めの海賊テーマ、QUEEN OF PIRATESでございます。

 

時系列に、求魂から遡るか、神様魂から辿るか。分かりやすく、海賊魂、楔魂あたりを行くか。などと、たいして悩むこともなくうっかり女王魂からです。理由は、たまたま見てたから(つまり特にない)です。あ、強いて言うならビジュアル最高だからです。※ちなみに樋口亀は嫌いじゃないです。

 

あ、脱線。

では振り返りまーす。

 

 

  • OVERTURE

こんなだったなぁ…。←雑

最近の上田さん見てたせいで、振り幅の大きさにヘジテイト。※名曲です。←

 

  • T∀BOO

これ、個人的にはベストオブオープニングに認定したい。葉巻、舌なめずり、酒樽…ビジュアル最強!ちなみに、私KAT-TUN以外のジャニーズ詳しくないんですが、兄さん達もやりがちなんですか?←「こういうことできるのはKAT-TUN以外にいない!」みたいなヤツを死ぬまでに一度言ってみたいのでどなたか教えて下さい。

そして、とりあえず叫びたい…  衣装最高!!!! 近年はどちらかっていうとお揃い感が強い衣装でディテールが違うってパターンが多い気がするのですが(そこから違いを探すのも好きだけどね)、テーマだけ一緒っていうこのパターンも好き。むしろ好き。とりあえず好き。好き。大好き!!!!

 

  • keep the faith

某おたぐさんの出で立ちが海賊というよりどこぞの砂漠の王子さまです。きっと油田持ってる。←褒めている。そしてでんでんが可愛すぎる問題をどう紐解いていこうか。こきたんはずーっとおたぐさん見てにこにこしてる。きゅんが止まらない。困る。

ちなみに、ちゃら丸さんは絶賛鼻声です。ぜひ、今丸さんと聞き比べてボイトレの努力を噛み締めて頂きたい。(特に高音)  

二番サビの息の合った爺孫も、某田中さんの叩きつけるように歌う感じも曲と合ってていいよっ! HBB、ラップからの某赤西さんのハモりはさすがっす。なんか…KAT-TUNってすごいな、とか、ここに来てこのタイミングで今更思っちゃう件。

業務連絡ですが、上手側に走る上田さんのトテトテ感がたまらなくかわいいので、どなたか捕獲お願いします。

 

  • GOLD

船、KUNとATTに別れて乗船、、、ん?

このころから中丸さんは「東京ピーポー」って言っているのね。わたくし事ですが、毎回ちょっと気になってます。

しかし某赤西さんの声の伸びが際立ちますね。お亀ちゃんが頑張って食らいついていく感じがもどかしくて切なくて良い。

油断してたら上田さんが空から舞い降りて来ましたね…。天使が地上に…。(遠目に中丸さんがモタモタしてたのを私は見逃さない。)

 

  • jumpin'up

ここにポップな感じ入れるのね。今でいうPERFECT的な位置かしら。

んでもって「こぉーきぃこのやろぉー」からの流れすきなのは、私だけではないはず!!!! いつだったかこきたんも(赤西さんも)アガるって言ってたやつ。(たしか惑星魂の初回特典?←KAT-TUN LIVE Break the Records 【初回限定盤】 [DVD]

一曲通して中丸さんのおもちゃ感に乾杯。

 

「嘘の花を」咲かせる中丸さんのお口ぱっくりはおもちゃ感を引きずってる件。田中。の仲の良さが際立ってにたにたしちゃう。しかし、たさんがかわいい。可愛いはつくれるって本当なんですね。両手で大きくまるをつくるたさんは間違いなく策士です。(わかっていても術中にハマる憐れな民衆がここに一人。)

うえたぐ、田中。、仁亀の順に黄色衣装にお着替え。ただし、仁亀に至っては黄色衣装はほんとに一瞬。 ビバ 衣装の無駄遣い。

 

  • DON'T U EVER STOP

さっきまでのポップ感からのドンエバの落差半端ない。この落差に容易に沼へと落ちる人は少なくないはず。奈落までへとフリーフォールで。←

「出掛けよう」のお亀ちゃんのお手降りがおかわ。この時期からプロアイドル亀梨和也の片鱗が見え隠れしてます。余談ですが、10ks!でもだいたい同じ動きしてた。さすがプロ。

ろばまるが「裏切りの街角に」って歌う後ろのでんでん、仲良しかっ!「失うものないぜ」のでんでんも仲良しかっ!もっと!もっと!

ボイパ、ラップ、フェイク…こんな感じに色々詰め込んでるグループって他にいるのかしら。(RA⚪ FAIR?)←

 

  • 12 o'clock

急いで上手の階段掛け上がるたさんがおかわです。元々時間的に余裕がなかったのか、たさんがのんびりしてたのか…。※後者希望。(逆サイドの中丸氏は中央の階段使って余裕です。)

亀梨さんに絡まれる藤ヶ谷さんの微妙な表情に、こちらもちょっとどうして良いか分からなくなります。亀梨和也はこの頃から亀梨和也です。(あ、ステージ上に同期5人いる。すご。)

からの、市ヶ谷の握手かわいいんですけど!これ、フリなの?そういうのもっと入れてっ!

 

  • PARASITE

金髪で短髪のガラの悪いやつが、バイクのってスピーカー蹴り壊してTシャツ引きちぎるっていう曲です。

当時結構衝撃だった気がしてる。

冷静にみるとちょっと意味わからないんだけど←、ステージパフォーマンスとして成り立たせる田中氏はすごいと思う。(ヤリスギカメナシに隠れてるけど、田中氏もソロで相当やり過ぎてると思うの。)

 

  • w/o notice??

亀梨さんから木村のタクヤ様みが…。

バックの五関さまの胸のはだけが貫禄あります。(触れずに居られなかったよ、五関さん。) ある意味亀梨さんより18禁です。

スキップがぎこちないのが亀梨さんぽくてごちそうさまです。

 

  • 夏の場所

最近こういう演出ないですね。

間奏のキスマイとの花道ダンスがにこにこ楽しそうでいいんだけど、どうも滲み出るヲタク感…。お帽子かな? ←失礼

笑顔で自分のウチワをふる田口さんが、田口過ぎて大好きです。

 

  • TEN-"G"

「すみませんでした村長」って赤西さんがペコリするのに合わせて、みんなでペコリ。揃ってて顔面の筋肉がゆるむわぁ

こきたんのビジュアルがよいです。エア横笛の赤西さんの口元がおかわで、エア縦笛の赤西さんの口元がおかわです。 

みなさーん!田口さんの、大好きだよ…おれ。が聞けるのはここですよー。上田さんちの竜也くんがお菓子とか電池とか投げるのもここですよー。←この上田さんを何とかして捕獲したい。捕獲して愛でたい。うん?電池危なくない?

 

  • 愛のコマンド

マルチアングル最高!

この髪型の亀梨さんにナポレオンジャケット着せて樋口み増量させたヤツ出てこい!!!! KAT-TUNの衣装さんには全幅の信頼を置いてますので、他の誰にクレームあげればいいですか?ジュ⚪ーさん????

赤西さんのバンダナは正解かな?でもにこにこしてるからいいか。就活?ブームがあったり、スイッチオンしちゃったりします。「中丸うるせぇ」を表情ひとつ変えずに言うジンアカニシはさすがです。す、すきだよ、中西。

おたぐさんに長めジレ&ブーツを与えて頂いた衣装さんありがとうございます。

田中氏、指笛トライから諦めるまで早い!ただ、曲終わりの制圧感は、葛根湯必要なレベルでぞくぞくすくるので繰返し見たいと思います。

上田さんにファーをつけてくれた衣装さんありがとうございます。ちなみに私的一番の萌えポイントはトロッコ乗ってる時のくるぶしです!(マルチアングルだとよく見える。)  あと矢のキャッチの時の笑顔がおかわな確信犯です。タイーホ。

ゆちは優しく微笑みながらお手ふりするのねぇ…。まぁ、目ぇ死んでっけど。からのHBBにきりかわった時の帝王感!!!! この頃からかっ!!!!

 

  • LIPS

しょっぱな炭ガス振り回す中丸さんに制圧されたい。前奏で、亀梨さんが炭ガスにまみれながら髪靡かせてるとか、爽やかさはんぱない。モヒート亀梨。ちなみにこれは前奏やら間奏やらで、観客置き去りにしてメンバーが炭ガス合戦で、ただただ楽しむ曲だと認識してます。クレームは受け付けまん。(中丸さんはシャツを被って何がしたいんだろう…謎。)

ラストの上田さんの「あっち!」(もしくは「つめたっ!」) みたいなやつは反則的なかわいさだと思うの。

 

  • WILDS OF MY HEART

田中氏のビジュアルが良い!何度も言わせて頂きます。良い!

「ぅおんもいだっすぅ~」が安定の中丸さんクオリティでほっとします。

「雨が二人の頬を伝い~」後の中西が肩ぶつかってくるりんするとこ好きなんですけど。赤西さんと掛け合わせると途端に男子校感が溢れるキャスター中丸氏。

 

  • MOTHER/FATHER

今更なんですが、メインモニタ上部のライブタイトルめっちゃ良くないですか?(声を大にして!)

階段に座るロバ丸の安定感。きょとん顔で歌うおたつさん。かわいいはつくれるのー。と幻聴が聞こえて来たので、一回頭冷してきます。全体を通して、おたつさんのシュガーキャンディチョコレートボイスが染み渡る糖尿病注意な一曲。そんな天使の「届かない愛はないと」をバックに画面に映る中丸さんのアップはちょっと鼻血でる。はぁ、ろばまる…。(この際、中盤手を降りあう市ヶ谷の胡散臭さは気にしないことにします。そのお手振りアリーナによこs…。)

 

 

 

 

 

あ、デビュー前のエビキスも歌いますよー!あ、ファイブも!

(あわよくばこの方向からも攻めます。いつかキンキ兄さんの台湾コンとかFコンとかの感想も書きたい。)

 

 

 

 

【HBB&DANCE】

この頃から上田さんはショットガンをかましてますが、結局(南極放送曲fromピカピカ) 最後の手でバーンが一番殺傷能力高いのでお気を付け下さい。お亀ちゃんのダンスが全体的にツボなのでとりあえずリピートさせて頂きました。かっこよろし。

 

  • SIX SENSES

マルチアングル最高!(2回目!!!!)

亀梨さんの鎖骨がセクシーなので食い入るように観ときます。フォー!!!! お亀ちゃんてば、たっちゃんに何話しかけたのー?たっち!もっとやって!たっち!(ぜいはぁ)

赤西さんがイキイキしてるね。間奏のダンス赤西さんが映える。

田口さんについては日の丸を背負っていることに私は少し戸惑いが隠せません。でも油断してたら間奏のダンスで腰つきが予想外に激しくてびっくりいたしました。

マイクがナカナカ来ないこきたん。間奏の手拍子がんばる姿がちょっとばかし萌え。田中氏もこれ系のダンス得意よね。

曲頭の「Put your f⚪ckin' hands~」と赤西さんに煽られてばんざいしちゃう上田さん。「six time」の手ができない上田さん。

中丸さんの指が相変わらず美し過ぎるので、事務所は"球技は一生禁止(サッカー可)"って契約書に盛り込むべきだと思う。

マルチアングルで見ると同じダンスしてるようには見えないのに、メインアングルで見るとちゃんと同じダンスしてるKAT-TUN七不思議。(注:決して揃ってはいない。)

 

  • HELL,NO

曲の入りはフォーメーション諸々KAT-TUNぽくて容易にテンション持っていかれます。サビは珍しくKATTUNの順に並ぶのが印象的(今更発見)。HBBでメンバーを従える中丸さんから帝王の資質が滲み出ている…。

仁亀での「find it」の追いかけっこからバクステ立ち去るまでの全ての挙動が、美しく、急激に切ない。亀梨さんが安心して背中を預けられていたのは、やはりこの人だけだと思ってしまう。(決して今の状態が頼りないと言うわけではなくて。気分悪くされた方がいたらすみません。)

 

  • SMACK

すきーーーー!(笑) 伏し目がちに眉を下げて歌う姿に、みぞおちのあたりを鷲掴みにされます。恋の病とわかっちゃう曲。「僕を受けとめて」の「けと」の音の当て方がすき。中丸さんのソロには外れなし!(神様魂で「愛してる愛してない」を選んだ時から!)

 

  • 愛の華

ビジュアルが違うから、と、もう歌われないであろう曲(しゅん)。キラキラと桜色のライトに照らされるたさんは天使以外の何者でもないですね。そりゃマイクにも桜散るわいな。紙吹雪と映像とペンラで会場がキラキラ…。※そんな美しい彼は何年後かに人を殴り付けた上、手拍子を要求します。

 

  • LOVEJUICE

上田さんとまた違った空間創りの上手さがありますね。好き嫌い別れると思うけど、赤西さんってダンス上手いなって、見返して改めて気づかされました。しかもジンアカニシのことなので、生歌だと推察。歌とダンスの両方このクオリティ出してくるジンアカニシ。

 

  • 僕らの街で

赤西さんのソロからの5人の登場が重厚感あってよいです。当時は「待ってたよ、支えるよ」ってメッセージに見えたんだと思う。

「東京ドームで」のとこでカメラのスイッチングについてく亀梨さんが素敵すぎる。中丸さんとスタンドマイクとの距離感がデジャヴ過ぎて笑える。(詳しくは10ks!のMOONという曲をご覧あれ。)

 

  • SIGNAL

上田さんが降らした床の桜が気になるのは私だけかしら? あ、上田さんに安定の長めの衣装をありがとうございます。チキチキアーする赤西たんにきゅん。終わりの仁亀のシンメ感が胸の奥にずんずんきます。

(この終わりに階段にちょこんと置かれる、たさんの上着がツボ。その後ちゃんと自分で回収。)

 

  • SHE SEAD…

シルエットが映し出され、そして全貌が現れるというラスボス感な。the KAT-TUNな衣装で登場。出で立ちもKAT-TUNで良いです。

油断してると「明日は見えないから」の帝王に分かりやすく殺られるので気を付けて下さい。

間奏の「君はいない」直前、「ばいばーい!」ってのん気にお手振りする中丸さんの横でアリーナを見下ろす上田さんは、天使を通り越し聖母なので繰り返し見てください。でも曲の終わりに田中さん越しに映る上田さんはやっぱり天使なので、ちょっと思考回路が追い付きません。(アヒル口!? 上田さんがアヒル口とは何事かっ!!!!)

 

  • 喜びの歌

最初の「行き先は」の後、チラッと引きで映る上田さんの女王感ね。(姫??女優??花魁?? 天使だったり聖母だったり忙しい。)

「素晴らしすぎる」ぜ友達部ー!!!! ナデナデして「愛してる」ってお亀ちゃんに言われた後の「うそぉ~」って言うおたぐさんの嬉しそうな顔で暫く食いつなげる。最後は頭に羽根が乗っちゃうアイドル亀梨さんの奇跡。(あ、田口さんも乗ってるとか言わないの。) でんでんも最後まで仲良し。しあわせ。

 

  • Crazy Love

こきたんはちゃんと歌ってもよい声なの。赤西さんの切ない歌声が際立つ曲。すてき。

座り込む上田さんはどこまできゅんきゅん言わすの…。んもぅ、クレイジーラブ!!!!

深々と頭を下げるこきたんがとても印象的です。いいこ。

 

  • Real Face

仁亀が替歌を裏で打ち合わせしてるのを想像すると、なんだかこそばゆい…。

でんでんがいちゃこらしてくれるのに対し、ロバ丸が物足りない…って思ったら二人してカメラアピール頂きました!!!! 負けじとでんでんもラップで仲良しアピール。まぁ、あなたJOKERじゃないけど!(「俺がじゅんの」って歌ったのいつだっけ?) ロバ丸もまけないで!(ぜいはぁ)

 

  • 「uh-」

おたぐさんに「不埒なrendezvous」がマッチ過ぎな件。(ランデヴーて!おたぐさんがランデヴーて!!)

花道の中丸さん越しのKT-U(+エビキス)がジワります。花道でのロンダード丸は手足長くてきれい。そういうことサラッとやる中丸さんはズルいわー。

 

  • Peacefuldays

前半亀梨さんがしっかり歌ってるのが印象的です。ファンサがそれぞれ過ぎてインタレスティング!中でも際立つたっちの独自性。※褒めている。) 

トロッコから花道にピョンっ!って降りる上田さん。捕獲しなきゃ…。愛でなきゃ…。

 

  • OUR STORY~プロローグ~

急いでツアーT着たのかな?赤西さんのネックレスがシャツにインしていて、なんだがほっこり。上田さんが上手下手に歩いてくれてるのが嬉しいですね。上手側のバックショットが光に照らされてお美しいので、崇めさせて頂きます。その直後の「さよならじゃない~」の中丸さんのお手ふりの、指を目一杯開いた感がすき。

終わった後上田さんがみんなを待つ姿が愛しい。(まぁ、中丸さんを待ったんだけどね!)←

 

  • ハルカナ約束

走る上田さんの腹筋。煽る上田さんの腹筋。戻る上田さんの腹筋。腹筋3兄弟(from裸少)が一人で出来上がる腹筋クオリティ。

間奏前の赤西さんの一瞬のカメラ目線にムフっとしちゃうのでお見逃しないようお気を付け下さい。「流れる汗」の亀梨さんが亀梨さん過ぎるので尊敬オブ尊敬。あとは中西の男子校感が。

最後に!ハケる上田さんの背中のキレイさを忘れずちゃんど見て下さい!!!! (ちゅるっちゅる)

 

 

 

 

ふぅ。 

だだっと書いた!(最後の感想がまさかの背中w)

 

 

 

  

私、甘栗に未練タラタラです。 

あれ?私、上田担かな?  って55,000回位自問自答を繰り返しました。※感想に随分偏りが出ていることをお許しください。

 

 

 

 

 

ちなみに、今回、過去映像見返して感想上げようって気持ちになったのは10ks!で亀梨さんが3人の名前出してくれたからなんだと思っております。(某田口さんだけははじめから連呼されていたことはいったん置いとこう。うえたぐ…きゅん。)  

過去3回。ただただ彼らに甘い私は、理解するしかないことはわかってて。けど、寂しくて納得いかなくて。でも、どうにもならないことだからって諦める努力をしてて。

そんな中、双方に良く思わないファンの方々が居たりするのも、今まで沢山見て感じてきたわけで。ひどいときもあったわけで。

だから、6人の映像見て感想を発信することの側面が正直怖かったんですよ、はい。そういう人、他にもいるんじゃないかな。でも、当事者である亀梨さんがぐるっとひっくるめて「歩み」って言ってくれたので大丈夫な気がして…。

 

 

 

って、シリアスか。

(ちょっと、語るのはここまでにしときますねー。) 

 

 

今の状況があるだけに、過去の映像をフラットな気持ちで見るのはナカナカ難しかったぜコノヤロウ!(泣 

しょっぱなから、キプフェ、ドンエバ、12オクロックとシンメ感強めで構成してんじゃないぜコノヤロウ!(泣)

当時は「カッコいいー!」とか「セクシー!」って思ったことも、時を経て大体全部「かわいい」にまとめられてしまうぜコノヤロウ! (泣)  ※注:全員年下(当時)になってる

 

 

 

最高だぜコノヤロウ!!!!

 

 

 

とにかく、色々考えずに見て、楽しめばいいと思うの。

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES [DVD]

 

と、散らかしたまんまでどろん!

(次の懐古は何にしようかしらー。)