そんなきみがすき

思ったことを書いてみる

KAT-TUN再始動ライブのセトリを考えてみた

七夕企画!

 

KAT-TUNに早く会いたいぞぉー!

ということで、星に願いを。

KAT-TUNの充電完了ライブのセトリを考えてみた。

 

 

充電完了してくれること願いつつ、充電完了後のライブに妄想を膨らましております。充電完了が近づくと現実味帯びて妄想し難くなるからさ、今のうちに妄想しておこうかな、と。

ふふふ。

 

では、出航だーーーー!!

 

  • OVERTURE

もう、予測がつかないけど、海賊帆ベースに。でも大人の色気を添えたOVERTUREを。

ステージは暗闇に光と炎と水で…。(妖艶に、重厚感ある、威圧的なのを。)

 

あのイントロが流れたら死ねる。ドーム死ねる。(東京ドーム前提)

炎にまみれて頭上から現れて欲しい。民衆を見下ろす、全知全能の神が降臨して欲しい。

過美な衣装、布を無駄遣いした衣装で。あと、欲を言うなら衣装に羽根をふんだんにつけて欲しい!!真っ黒の、重厚なやつ。(ステージでみるとちょっと重いかな…。)燃えさかる炎を纏いながらのその衣装って、絶対映えると思う。

そんな中帝王のウィスパーボイス聞いたら本当死ねると思う。その時まで死ねない。

宙から降臨した後はステージで3人、仁王立ちて圧倒的戦闘力のもと歌って頂きたい。

 

  • UNLOCK

UNLOCKの使いどころは本当に悩みました。ラストに持ってくると10ks! と似てきちゃうし…。やはりこの位置に持って来るのが順当かな、と。

サビではやはり特効祭を!これぞKAT-TUNってライブを見せて欲しい。

 

  • RESCUE

we'll surviveバサッ!←マント的な羽根のお衣装脱ぎ捨てる。

(まぁ、前の曲でしこたま炎使うし←、その流れで。)

このリストつくるにあたり歌詞を読み返したの。「I don't wanna cry alone」とか「Please take me back home」とか…。もう、こじつけでいい。ここで言うhomeはファンの前、ここ東京ドームのことや!←

曲後半からムビステにて移動。  ムビステに沿って特効(花火)よ上がってくれ!←危ない。

 

  • BIRTH

BIRTHの位置はここでない気もするけど、RESCUEの曲終わりからのBIRTHのイントロの入りが意外にすんなりきたので。

お亀ちゃんのHey芸(「Hey! 東京ー!」「Hey! 大阪ー!」etc.)はここではぐっと我慢していただいて「終わりなき世界で」ってこのタイミングで歌って欲しい!でもお亀ちゃんのHey芸はないと調子狂うからなー。←

あと (´・ω・`)「帰ってきたぜぇぇぇ!」

って遠吠えして欲しい。。。

センステ到着。左右、センターに別れ、リフトアップするステージにてメンバーごあいさつ。

 

  •  Real Face

再びムビステにてバクステの位置へ。

スタンド席へ目一杯手を伸ばしてお手振りする時中丸くんと、アリーナ見下ろしながら手を振る上田さんの聖母みと、お亀ちゃんの逆光バックショットというこの世界遺産が見られます。

 

  • STAR RIDER

お衣装をもう1段階脱ぎ捨てて、スーツっぽいお衣装で。

お亀ちゃんはGoing‼(スポーツニュースの方)を思わせるスタンダードなスーツに普通のネクタイ。

上田さんはウエスト絞ったロングジャケットに腕まくり。(今回からロングジャケット要員です。←)※第二ボタンまで開けて。

中丸くんはシルエットが美しい至極普通の丈のジャケットに蝶ネクタイ。※ボタンは上まできっちり。そしてしっかり踊って下さい。(懇願)

鎖コンでのムビステのSTAR RIDERが忘れられない。ぜひ後半はバクステ側からムビステにて再びメインステージへ。

 

  • TOKYO STARRY NIGHT

メインステージとうちゃーく!

もう、STAR RIDERからのTOKYO STARRY NIGHTって、俺得でしかない。

「千年待った」は中丸くんの無表情な声で。←

贔屓目かもしれないし、贔屓目だと思うけど、欠けたメンバーの特徴的なパートは中丸くんが歌うとトゲがないんだ。(他のメンバーが歌うとトゲがあるってワケではないけれど、ね。)例えば、ラブユアの「It's love, your love..... love yourself」とか、Dモの「Pump it!」とかね。※こきたんパート→おたぐちゃんは例外。はい、超主観。

あとね、これは大人っぽいスーツな衣装で歌って欲しいのー♡♡♡リア恋爆発曲とさせて頂く。

 

  • You are DELICIOUS!

フロートにて外周まわりながら。

スーツで、あの可愛いダンスを踊って下さい。 

 

  • 僕なりの恋

引き続き、フロートで。

バクステでフロート交差の時、みんなできゃいきゃいすればいいよ。

きっとお亀ちゃんはスタンドガン見しながら全力アイドルで歌うんだ。←

きっと中丸くんは胸に指先当てながら斜め下向きながらクリアボイスで歌うんだ。←

きっとたさんは指差し&お手振りしながらとっても聖母に舌足らずで歌うんだ。←

  

【MC】

 (中丸くんHBBからのたっちお着換えからのMC。中丸くんはたっちMC(ハラハラ)中のお着換え。)

 

  • LIPS

(´・ω・`)「おまらついてこいよぉー!」

(冫、)  「声足りないよー。」

(´∀') 「○※■”△ー!!!」←シャウト

とかやってくれればいいよ。上手下手に別れてフロートで外周を。楽しそうに炭ガス噴射すればいいよ。

 

  • Keep the faith

引き続きフロート移動。そうしよう。お手振りしながらね。

  

  • Going!

KAT-TUNさんにありがちな超短いバージョンを想定。

 

  •  TO THE LIMIT

これ、ライブでは歌われてない気がしてる。ので入れてみた。短いバージョン。

 

  • in Fact

中盤怒濤のシングルラッシュなのね。メインステージ到着して、レーザーを使いまくって下さい。そして中丸くんの「答え探す」の「す」の首筋から顔の輪郭を拝み倒したい。(そしてDFEで見下されたい…。←)

  

  • DON'T U EVER STOP

LIPSからドンエバまではKAT-TUNさんのライブでありがちな、人気曲メドレー。盛り上がりどころ。

こちらも炎を纏い踊って欲しい…。 

 

  • MOON(たっち)※中丸くんお着換え

ドンエバの「ストーーープ」終わり暗転の後、暗闇であのイントロが!!

そして、お得意の瞬間移動をお願いします。メインステージでドンエバからのセンステの横並びのリフトアップステージにスポットライトと共にパーーーーンッ!て、出てきて欲しい。(語彙力)

移動して、最後にはセンステにてたっちの並びを拝ませて頂こう。和装…は難しいから羽織るだけでも…!!とにかく妖艶なたっちがみたい一曲。和傘も…よろしくお願いします。

 

中丸くんのクリアボイスからマイナスイオンをビシビシ感じさせる曲。爺孫で優しく歌って欲しい。前のMOONのステージが赤なら、これは青で。

「消してく雨のメロディーが」のあたりではお亀ちゃんに上目遣いで中丸くんを煽るだけ煽って頂きたい。

 

  • Lovin' U(ろばまる)※お亀ちゃんお着換え

とにかく、たさんに舌足らずに歌って欲しい曲。オラオラ控えめでお願いします。トロッコにてメインステージに移動。

Aメロ→たさん、Bメロ→中丸くん、サビは掛け合うように交互にろばまる…なにそれ最高。

ここで、ロバ丸の怖いエピソードを追加してくれたら言うことないです。

 

  • それぞれの空

迷ったよ。この曲入れるか迷ったよ(おたぐちゃん案件)。でもいい曲だし、タブーが無いのがかつんさんだもの。

センステステにお亀ちゃん登場ソロ。メインステージにたさん登場でソロ。メインインステージに中丸くん登場でソロ。(ろばまるソロの間にお亀ちゃんはメインステ移動)

メインステージで横並びで歌うKAT-TUNさん。美しいに決まっている。 

 

  • HIDE and SEEK

暗転の後、照明の雰囲気がガラリと変わり。妖しいKAT-TUNさんの登場人物!

瞬間移動も入れてください。ダンサーさん達フル稼働で!!メインステージだけじゃなくて、センステとか、センステ並びの横の小島、バクステ、フロートフル活用で!!でも実際そんなことになったら「な、ながまるぐんどご〜!?(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」ってなるんだろうな、ななな。

 

  • FIRE and ICE

HIDE and SEEK 終わりでバツーンッ!!(語彙力2)と照明が当たってセンステに集合するKAT-TUNさん。(照明はメンバーカラーでお願いします!)

中盤の盛り上がりどころ!特効ガンガンお願いします!!

 

  • FANTASTIC PLANET

このダンスが好き過ぎるので、ムビステで頭上を踊りながら戻って欲しい!

 

  • JET

フロート(左右外周)と、トロッコ(センター)の3方向に分かれてファンサ下さい。

うーん、3人だとどうしても出没場所に偏りが出てしまう…。ぐぬぬ

 

  • 雨に咲く哀、夜に泣く藍

メインステージでしっとり歌って頂こう。汗がキラキラ光って美しいこと山の如し。

 

 

〜お遊びコーナー〜

  • お疲れサンクス(中丸くん)

ジョーのお衣装

  • 中越しのチャンス(お亀ちゃん)

※亀と山Pのお衣装

  • ギリギリガール(たさん)

※拓翔様のお衣装

 

〜プレゼントコーナー〜

お遊びコーナーからプレゼントコーナーにかけてお衣装チェンジ。私服っぽいラフやかんじのやつでお願いします!

ありがちな、ポスターにサイン書いてプレゼントするやつ。(当たれ…)

 

  • Believe In Myself

プレゼントコーナー引きずって、サインボール等々投げるよー!否、バスーカで打ち込むよー!←

中丸くんがフロートでぴょんぴょんしてくれたら最高です。

 

  • BRAND NEW DAY

きらきらお亀ちゃんがみたい一曲。カメラが寄ったらウインクお願いします!←

 

ぴょんぴょん跳ねるキラキラアイドルお亀ちゃん♪

たさんも可愛くぴょんぴょんして欲しい…。甘栗時代なら想像つくんだけど、今は想像してもAOLでの煽りか、スパーリングのときのステップにしかならない。

中丸くんは5歳児。

(ここでしこたま可愛いわちゃわちゃかわいいかつんちゃんで、次の曲との落差で激しく沼に落とすパターン)

 

 

【お衣装チェンジ】

  • RAY

顔面偏差値オックスフォード(カリフォルニア工科大か)、美の暴力でしかないVTRが流れてテンションだだ上がりの中、特大の花火が…!そしてイントロ。これは!?これはぁぁぁぅぁぁ!!!

メインステージに君臨するKAT-TUNのみなさん。戦闘力最強の軍。

舌足らずな巻き舌で「革命の前夜」を知らせ、妖しく「DISCOTHEQUE」に誘われ、温度なき声で「仮初の君」と言われる。いわずもがな。

※難しいけど、個人的には中丸くんの「DISCOTHEQUE」も聞きたい…。

 

  • KISS KISS KISS

引き続きメインステージにて。ふんぞり返って腰を振る中丸さんのDFEに見下されたい曲です。

 

ムビステにて移動。戦闘力最大でお願いします。

美の塊がムビステで迫って来たら…、頭上を超えていったら…、最高でしかないと思うの。

 

  • TRAGEDY

(´・ω・`)「まだまだ終わらねぇー」

センステ到着からサイドに広がり、リフトアップステージで。

 

  • GREATEST JOURNEY

急に可愛くなっちゃうかつんさん。バクステにてわちゃわちゃかわいいダンスをお願いします。

タメ旅さん、見に来てね!

 

  • HONESTY 

照明キラキラ。プラネタリウムみたいな照明の中、ムビステにてメインステージへ。

ありがちかもしれないけど、とっても好きなとっても美しい演出。

背中に光をたくさん背負ってメインステージに戻って行く姿は美しさの塊だと思う。

 

 

 〜アンコール〜

  • ハルカナ約束

あのイントロ流れたら泣いちゃう!興奮して泣いちゃう!!

 

  • BRAND NEW STAGE

ハルカナ約束からのこのイントロってすごくいい気がする。

※このあたりで中丸くん指差しご指名てバスタオル投げる。(そして目的地に届かない安定のパターン…) 

 

  • 君のユメ ぼくのユメ

飛ぶよ!一緒に飛ぶよ!!ここで涙腺どっか行くやーつ。

 

 〜ダブルアンコール〜 

  • Real Face

ツアーTのアレンジを堪能ー。

やって欲しいなぁ…。

上田くんのショップ写真をTシャツに貼ってアレンジする怖さしかない中丸くん。

@海賊魂

 

  • PRECIOUS ONE

 うん、安定のこれ。

 

 

いろいろ(ステージとか特攻とか)に感謝するかつんちゃん。からの

\WE ARE KAT-TUN

 

でも帰らない私たち。

 

 

〜トリプルアンコール〜

  •  Peacefuldays

これで元気にしめておわり!

 

 

いゃー…超絶難しい。

(曲数がやたら多くなってしまった。)

 

もう、私のチンケな頭ではこれが精一杯。

お亀ちゃん、すごいよ。YOU天才だよ!(お亀ちゃんは努力の天才。)

お亀ちゃんだけでなくKAT-TUNのみなさんもスタッフのみなさんもあかにしくんも、ね。←

 

これでさらにどの席から見ても、、、とか考えるんでしょ?天井席であのクオリティーだすんですしょ?  

…天才かよ。

 

 

 

お亀ちゃんのソロコンまであとちょっと。

どんなんなるんでしょうねー!わくわく。

 

 

色んなことに期待を膨らませつつ、星に願いを。

七夕企画おーわり!

(最後駆け足っ!)

HappyBirthday33 to A

 

 

おめでとうございます!!

 

 

Independence Day改め、Jindependence Dayぎりぎりの滑り込み更新。タイトル迷ったけどいつものパターンのタイトルにしちゃったよ!

 

 

 

 

 

赤西くんはね、天才だと思う。

 

 

彼はJr.として出たての頃から、ビジュアル、歌唱力、演技力、どれをとっても安定したクオリティでして。

もちろん、まだまだJr.なのでレベル感はあれですが。見ててこっちが恥ずかしくなるものは見たことない。

ほら、今大人気の彼も彼も、彼だって、黒歴史的なヤツあるじゃないですか。(黙れ)

 

  

それが、彼にはなかったんだなー。(当社比)

 

その感覚は今まで赤西くんと渋谷さんにしか感じたことない。(突然の巻込まれるすばるくん。)

 

 

 

そんな、赤西くん。

彼が活き活きしているらしい、との噂を聞くのでなんだかとっても救われている。SNSは見てるけど…曲も聞くけど…だいぶご無沙汰している気がします。※見れない、とか、好きじゃなくなったとかでなく、本当に見に行く機会がないわたくし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の才能はやっぱり曲にあるわけで。

 

LOVE or LIKEで度肝を抜かれた。

Hesitateが心から大好きだ。

ムラサキは今でも泣く自信がある。

WONDERは今でも口ずさむ。

A Pageは未だに複雑な気持ちになる。

 

彼が先日のライブでA Pageを歌ったそうだ。(何度も言うが見れてはいない…)

 

 

 

The Fifth Seasonの声の出し方が好き。

Tell Me Whereのノリが好き。

Episodeの優しさにとても驚いた。

 

 

切ない歌でなく、とっても優しい歌。

 

 

 

 

キミのステージではキミがスター

 

 

 

アイナルホウエ進み続けてねーーー! 

 

33歳も素晴らしいあなたのステージを。

 

 

お誕生日おめでとう。

 

 

 

 

 

(オレ○ジページ見てハンバーグ作ったり、内容修正のためTweet消してまた上げて…を繰り返す、そんなあかにしくんで居てください。)

19年前マルコメくんだった彼に。

 

 

入所19周年おめでとうございます。

(やはり「入所」という言葉に違和感が。)

 

 

 

 

実は現KAT-TUN(←)で1番先輩のたさん。

 

 

そう、年長組で1番先輩。

でも、そんなグループイチの先輩を、ハラハラしながら見守る後輩2人にひたすら萌えるのはきっと私だけじゃない。

 

 

 

決して馴れ合わないたっち。

お亀ちゃんにはめっぽう弱いけど、頑張って強気なたさん。

言葉足らずで不器用なたさんはスーパーアイドル亀梨和也に向かって「つまんない」「愛想笑いしなきゃならない」等の暴言を吐きます…。かわいいかわいい甘栗時代には「野菜切れない(´・ω・`)」「海老食べれない(´・ω・`)」なんて甘えたり。(←違う。)

そんなたさんがお亀ちゃんは心配で心配で心配で…。頑張ってせかせかお世話します。萌。

ライブでも、危険がいっぱいのステージからたさんが落ちないかハラハラ。(自分は盛大に落っこちたにも関わらず。)

何かやる度に不器用なたさんが出来るか心配になる模様。

KAT-TUN復活したら、たっちでぐふぐふ言いながら中丸おじいちゃんをいじり倒すんだよ!(そして返り討ちに合うんだよ…。)

基本笑いのセンスが2,30歩後から来るお亀ちゃんと、基本スーパー不器用なたさんなので、中丸くんを巻込み事故する予感しかしない。それはそれでいいんだ…。なぜならたっちだから…。

 

 

沼しかないろばまる。

強烈強火上田担の中丸くんと見せかけて、その中丸くんをあっさり受入れている怖さしかないろばまる。

最初の頃は「うえだくん♪うえだくん♪」って可愛かった中丸くんも(上田さん談)、いつの間にか「上田ァ!!」と…。

ろばまるについてわたくし如きが語るのは恐れ多いので、詳しくは「ロバ丸こわい」で検索を。(エピソードあり過ぎるので毎回これで逃げる。)

「中丸くんの免許証にはたさんのお誕生日が刻まれている。(本人の誕生日よりも大きく)」

これが、最近改めて認識したろばまるの沼です。当たり前のことだし、昔も悶絶した気もするのだけど、忘れた頃にやってくる、ろばまるこわい…。

 

そんなふたりとふたり。

 

 

出会って良かった。(主に私が)←

 

 

 

 

 

 

芸能生活19年おめでとう!!

 

 

  

とっても美しい横顔と、

恐ろしく長い足は、

きっと天性のもの。

 

けれどきっと、

器用なタイプでもない。

要領が良い訳でもない。

たくさんたくさん努力してきた人。

 

模索した結果かきっと度重なるキャラ変に繋がるのかもしれない。けど。

今では1番「KAT-TUNらしさ」を体現してくれているのは彼。昔は「KAT-TUNにないもの」を表現してくれていた彼。さらに昔は「KAT-TUNであること」のため個性を求めていた彼。

 

グループに対する考え方も、だいぶ変わってきているように感じます。前にも書いた気がしますが、充電期間中に1番KAT-TUNというグループ名を出してくれているのは彼な気がします。

(タイでも「KAT-TUNとして」と、グループ名出してくれる。こういうところ嬉しいなー!ありがとう!)

 

 

19年の歴史。

 

 

 

…19年前坊主で良かったー!

※ヒロムたんの「坊主いーよー」の一言で合格。

 

ちなみに、甘栗信者のわたくしですが、最近やっと今のビジネスヤンキーにも慣れてきました。

欲を言えば、欲を言えばなのですが、甘栗時代の眉毛にしてみませんか??ひよこみ増して絶対かわいいから!セカロマ見て心からそう思いました、とさ。(セカロマ初期?は眉毛短くてひよこちゃんだった。※主観)

 

もはや、何言ってんのかわかんなくなってきましたね。ブログ放置し過ぎてどうやって書いてたか忘れました。

では。

「この声がいいね」とドームが揺れたから5月19日はムラサキ記念日

 

本日ムラサキ記念日。

 

さて、ちょっとの間ブログ放置で文章の書き方とか忘れた節がある今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたくしはですね、4月からのKAT-TUNさんのメディア露出について行くのがやっとでして(むしろ追いついてない気すらする)ブログまで手が回らなかったです。

ちょっと2005〜2006年くらい思い出した。

 

 

 うん、幸せな悩み。

 

 

 

 

さて、タイトルに戻りまして、ムラサキ記念日について。

お久しぶりの記事なのに、懐古厨申し訳ない。でもね、でもね、やっぱり彼らは最高で最強、唯一無二のシンメだと思っている。

 

 

ざっくり言うと、

ライブで仁亀(KAT-TUN)にてムラサキが歌われた。

ドームが揺れた。

 

9年前の今日はそんな日。

(そもそも若い方々は元になった「サラダ記念日」をご存知なのでしょうか。)

 

 

ネット検索すると「不仲が噂されていた2人が」とか、色々な記事があったりするけど、私が感じたこと書きます。うろ覚えだけど。記憶すり替えられてる可能性あるけど。←

 

 

あの頃は、誰と誰が不仲とかそういう事よりも、かつんさんを見ててとってもヒヤヒヤしてた。

本番中に、メンバーの誰かがキレるんじゃないか、とか、共演者の誰かがキレるんじゃないか、とか、ファン減っちゃうんじゃないの?とか、ファンじゃない人がみたら印象悪いんじゃないの?とか。生放送とかとくに。

もうね、誰目線だよって感じですけどね、思い出せばきりがない。そんなこと感じてた。

いやはや、私が子供で分かってなかっただけで、きっとそんなことはなかったんだろうし、きっと彼はちゃんと考えていたんだろうと、今なら思えるけども。

 

 

で、そんな中での惑星コン、色んな話が飛びかって、正直ハラハラするライブだったような気がします。(出てこなかったらどうしよう、とかね。←はい、おくちチャック!)

あ、誤解ないように言いますが、とっても楽しかったんですよ。

全ステとか出来なかったし、しようとも考えてなかったし(お財布事情的にもね)、だから、本当に運が良かった。

 

お、ちょいと脱線。

戻しまして、ムラサキのイントロがかかった時、声にならない声だった(この頃から黄色い声は出なかった)。本当にゾクゾクした。さすがジンアカニシ、プロデュース力半端ない。

この曲が大好きだった。この曲が本当に大好きだったからまた聞けるのが嬉しかった。(ついでに言うとへじていとも聞きたい。←)

おそらく、ドームにいた全員が驚いて喜んだと思う、ドームが湧いた。ちょっと五月蝿いくらいだった。

 

そしてじんくんとお亀ちゃんが歌う。

 

奇跡、とまでは言えないけど、本当に本当に運が良かった。

 

ステキでした。

 

そして、マジで五月蝿いくらい、悲鳴というか、地鳴りが起こった気がしてる。

人間の記憶は曖昧。

 

 

 

(だいぶ美化してることを自覚している。)

 

ちなみにお亀ちゃんがお得意の「構って構って」をじんくんに向け、じんくんは照れてるのを悟られない様に、表情を貼り付かせてた。ように見えた。ということにしておこう。

この頃からお亀ちゃんが我々の需要を察知しているあたりさすがだと思う。

 

 

 

あれ?何が書きたいのか分からなくなっているパターン。

 

それから何年か。

今日は深夜に「亀と山Pとクリームシチュー」リアタイは出来なかったんだけど、今、見ました。

スタジオも錦糸町も純レバ丼も…。

きっと、二人の思い出の中に、彼もいたんだろう、と。

(純レバ丼、「さしめし」でじんくんが食べてたやつでFA?なんだこの匂わせ。何て幸せな匂わせなんだろう。)

 

 

なんだか幸せになりました。

 (お互いにお互いがいると、本当に柔らかく笑う二人だね。)

 

 

 

 

懐古したけど、「あの頃"は"良かった。」でなくて、「あの頃"も"大好き。今"も"幸せな気持ちにしてくる。」

そんな彼も彼も、やっぱりステキだなぁ。

 

 

 

と、いつもの如くまとまらずにドロンしますかね。ドロンってなっ。

久しぶりの更新だから緊張する。内容もそこそこデリケートゾーンだからなっ。←

 

 

(あ、ムラサキの中西のくだりも、好きよー。)

あれから1年、急速充電中。

 

 

寂しい、なのか、不安、なのか、悲しい、なのか、良くわからない気持ちで充電期間を迎えてから今日で1年。

3人の、強く、逞しく、愛おしい、その姿を目に焼き付けてから今日で1年。

 

日々思うこと。

 

 

 

KAT-TUNの底力はすごいよ。

(控えめに強めに言いますよ。)

 

 

 

はじめは私も手探りで。お仕事もまばらで。←

 

でも夏頃からの中丸くんの怒濤のバラエティー出演を皮切りに、上田鬼監督がお茶の間を少しざわつかせ、亀梨くんはアスリート…から俳優&アイドルスイッチオン。

最近は露出を追うのがやっとの状況。

 

 

 

 

 

KAT-TUNの底力はすごいよ。

(大事なことは2度言いますよ。)

 

 

2017年に入ってからは全員ドラマ出て、バラエティ番組のMCはじまって、主演舞台はじまって、24時間TVのメインパーソナリティやらソロコン決まって。

 

1年前に、我々に言ってくれたことを証明してくれているようで。

 

充実した充電期間を過ごせています。

※HDDの容量に悩ませられながら。←くどい

 

 

 

 

 

 

 

 

15年の航海で傷付いた船は、1年前にホームである東京ドームで1度イカリをおろしました。

進み続けるのことを1度やめても、それでもなお彼らはまだ進み続けます。

頼もしい。

 

 

KAT-TUNの底力はすごいよ。

 

 

 

 

KAT-TUN好きでよかったなーーー!!!!

 

 

 

(という、謎の言い逃げっ。)

お絵描き その14 〜斜め上の目線〜

 

 

中丸くん!私、顔のついたピンクのスポンジとかでお風呂洗うね!※幸せボ○ビーガールロケで、一人暮らしの女性のお風呂にあったピンクのスポンジを見て中丸くんが「かわいい!」と発言。

 

キラキラネイルでもなく、クッ○パッド見て一生懸命作った華やかなお料理でもなく、かわいいの基準がピンクのスポンジのあたりの斜め上をいく意見が中丸くんで最高です。

その他にもお風呂の設定温度を確認してみたり、赤羽=ニ○リだったりの独自の目線が最高でした。

 

そんな中丸くんの斜め上目線。(むりやり)

 
f:id:yun594:20170412233740j:image

 

 

あとね、お酒を飲む中丸くんがただの最高だった。なにこれ、私達へのご褒美かしら?美味しそうにサワー飲む中丸くんって至福。←

その後お酒が少しまわったのか、となりの女の子に対して距離感が近づいた感じとかたまらん…。(「おぉ(相槌)」とか、「(女の子の夢に対して)すっごい良いと思う。←ニュアンス」とか。)

 

どきどきする。


f:id:yun594:20170412233811j:image

 

 

前にも書いた気がしますが、どうやら私「中丸くん×女の子」の組み合わせが好きらしい。「中丸くん×女の子」「中丸くん×お酒」ってたまらん。

 一人暮らしの女性の部屋に合鍵で入るのとか、お風呂をチェックするのにちょっとドキドキしてる中丸くんにどきどき。

つまりは最高だった。

 

おっと、お絵描きからだいぶ脱線してしまった。

番組見た勢いで書いてます。

 

 

 

さて

ボク、運命の人です。とか、ananとか。

ロマンスオーケストラとか、テレガイとか。

マッサージ探偵ジョーとかWUとか。

話題がいっぱいKAT-TUNさん。

 

嬉しすぎて私のHDDが悲鳴あげとるわ。

Break the Records という傑作。

KAT-TUNの露出に追いつかない!!

(安定のBBAの情報処理能力速度)

 

 

そんな露出多めのKAT-TUNさんが最近気になるという方にむけて、オススメのDVDのご紹介。

「Break the Records」というタイトルがついた2009年のライブです。

 

パイレーツではビジュアル最高って言ったけどもしかしたらこっちが最高かもしれないということだけ言っておこう。上質松毬を除く。RESCUE(ドラマ)みると違和感ないんだけどね。←最近見返した。山本裕典さんが上田さんに見えた問題)

ま、KAT-TUNはいつ見てもビジュアルには絶対的に安心安全安定のトリプルAなんですけどね!

 

 

KAT-TUN LIVE Break the Records 【初回限定盤】 [DVD]

KAT-TUN LIVE Break the Records 【通常盤】 [DVD]

 

 ではご紹介。(という名の感想まとめ。)

 

  •  OVERTURE

KAT-TUNはあれかな、やっぱり2年に一回くらいポップな感じにライブ始めるのかな。と思いきや急にシリアス。ジュニアマンションといい豪華やな。

 

  • RESCUE

炎と共に神降臨。 (女神…いや、天使もいるよ。) ほんとつよい。KAT-TUNつよい。55,000人、瞬時に屈服させる強さ。と、思いきや「ここにいるから」のこきたんの笑みとかほんと溶けるかと思う。そのあと柵を乗り越えずにちゃんと出口から出てくるとこ含めてツボ。

ツボといえば、2番サビ最後「l don't wanna cry alone」寸前の赤西くんと上田くんがたまらない。「Runnin'up 」×8の赤西くんのステップとかうっかりこっちものってしまうわ。

ムビステで迫ってくるKAT-TUN戦闘力高い。

 

  • ONE DROP

お亀ちゃん安定のsay芸。

火からの水‼ 2013年のカウコンまではこのライブが一番特効使ってたと思う。(私比)

とにかくこきたんが良い。たさんも終始にこにこできゅんが止まりません…。

「寂しさ どんな小さな」の中丸さんから溢れる帝王み。ビジュアル(上質松毬)的に帝王度は薄めかと思われてたけど、甘かった。 

 

  • LIPS

お亀ちゃんのシャウトに一瞬躊躇ったのはここだけの話。(へじていと!)

間奏の中丸くんのHBBが鬼かっこいいんですけどいいんですか?RESCUEといい中丸担に優しい感じですか?

 

  • 喜びの歌

上田さんのニコニコお手降りとサビ前のおたぐさんのエビ反りを堪能頂きたい曲。

  

  • Keep the faith

一番Aメロ時の中丸くんのからだ伸ばした両手お手ふりにきゅん。 田口さんがサビ前フロートから降りる仕草はこの世の美しいを集めた感じ。

 

  • DON'T U EVER STOP

このドンエバが公式映像で残ってる最高のドンエバだと思っている。シンメ感強し…。

「guitar」「base」と叫ぶ帝王感、世界に入り込んだ「knock knock knock」、からのクライマックスにかけてのフェイク。

リピート!

 

  • White X'mas

お亀ちゃんは何故あんなに女優なんだろう…。たつやさんは何故あんなに天使なんだろう…。

たっちはいったい何なんだろう…。

 

  • SADISTIC LOVE

ゾックゾクする。

いきなりの、最高のシンメ「誘え」が尊過ぎる。ほんとここ、オススメ。色々しんどいくらいオススメ。

「痛みに顔を歪ませて満足さ」の上田さんの笑み、「見たい恥態君次第したい期待」の田中氏赤西氏の鉄板の絡み、「ちぎれるくらいに噛みかける」のお亀ちゃんの上目遣い、からの「火照らせる」帝王み、「君は MY LOVE」上田さんの絡み方、、、息継ぎどこですればいいですか? ちょっと興奮し過ぎて呼吸の仕方とか良くわからないですね…。

畳み掛けるように「振り回されて」の亀梨さんの髪をかき乱す色気と「もう二度と戻れない」のDFE。死ぬの?私、死んじゃうの?

 

  • 1582

語り継がれる亀梨和也のソロ曲代表。

濃姫妖艶。濃姫様のうなじが最高に色っぽいよ。首筋、鎖骨…とにかく色っぽい。髪を纏めて着物羽織っただけなのに、、、。

そして、髪をほどいて現れたのは信長。お世辞でなく、雰囲気がガラリと変わって、纏うオーラは支配者。「孤独を哀しむ姫よ」って信長様が唄う姿が切なさが過ぎる。

 

  • PIERROT

これもかなり好きなソロ曲。

田中氏のソロってラフな感じの衣装が多い気がするのだけど、今回はタキシード。田中氏のビジュアル偏差値の高さを改めて認識させられます。

「CRAZY CRAZY」と歌うクレイジーな田中氏は超絶にかっこいいです。

「退けよ、こら。」

 

  • WIND

おたぐちゃんを男前代表(何の)として見るようになったきっかけの曲です。

おたぐちゃん×爽やか、なのに胡散臭くない…。KAT-TUNだって爽やかさ100%の曲あるんだぜ!

後半の仁くんとのコラボも好き。なんだかんだで優しい目でおたぐちゃん見る赤西くん。

 

  • Peak

(´・ω・`)「落ちちゃうよぉ~」  

…萌。

こきたんの黒ブチがすき。

(´・ω・`)「たーぐーちー」

(⌒ー⌒)「うえぴー」

(⌒ー⌒)「ゆっちー」

(冫、)「余裕がない」

(⌒ー⌒)「かずやー」

(´∀')「うるせぇんだよ」

(⌒ー⌒)「じーん」

 (・゚ρ゚)「うるせぇたぐち」

(⌒ー⌒)「…」

(#・A・)「おれ呼べ!」

(⌒ー⌒)「こぉき♥」

(#・A・)「じゅんの♥」

(…何もいうまい。)

 

  • Jumpin'up

曲はじまり、てくてく歩くたつあさんが可愛い。

こきたん挑発するお亀ちゃんがむふふ。(ちゅー出来ちゃう距離。)  仁くんの気だるい感じと足首に乾杯。「ぅわぁー」の上田さん、どした。※おかわ

 

じゃれつく大型犬(おたぐ)を、足で払う仁くん。めげずにニコニコのじゅんのくんが好き。

「見させていいんじゃない」の亀梨さん、こんなポップな曲でセクシーさ出してくる。たさんはピース多用。んもう、可愛いが過ぎるよ。罪。

 

  • WATER DANCE

中丸さんはじまり。濁りゼロのクリアボイスで今聞いてみたい。

 

  • MOON

言わずもがな。

みんな大好きKAT-TUNの和ロック。

 

  • Real Face

萌えがいっぱいのリアフェ。衣装も最強。(どうしてもムラサキ記念日思い出しちゃう。)

最初のラップは「かめちゃんっ!」ってこきたんに促されたお亀ちゃん。「アスファルト~」は中丸さんが。「wo yeah」が照れて言えない中丸さんとそれみてにこにこな中西の図。

その後は年下チームでわちゃわちゃ…。可愛い…。

 

  • 花の舞う街

お口ミッフィー‼‼

(黙りますね!上唇と下唇縫い付ける勢いで黙りますね。その後のガッツポーズとか作為的でしかないけど。騙されますね。)

裸足、鎖骨、ふわふわの髪。襟足くるん。完璧や…。

そんな完璧ビジュアルからの「あどけない顔が大好きで」のお顔が可愛すぎるからどうしよう。上田さんはとりあえずソロで花やら羽根を降らせがち。ねぇ、天使なの? 両脇から水出る花道を裸足でペタペタあるくたさんは天使以外の何者でもなかった…。「ほどけない指の温もりを」で微笑みながら歌う姿は天使過ぎる。

ビジュアルに持っていかれがちですが、後半のファルセットもちょっとびっくりした。

 

  • WHITE WORLD

安定の湿度高めの中丸さんソロ(作詞は中丸さんではない)。歌詞を紐解くとそんなに湿度高くないはずなのに…。つまり推せる。

高音で伸ばす音が多いから、是非とも今丸さんに歌って欲しい一曲。衣装もね、今丸さんにハットとか被って欲しい。

 

  • WONDER

左唇だけを上げて微笑むジンアカニシ。フード被ってみたり…。メイクとかヘアセット面倒がってた時期なくせに見せ方完璧やー!悔しいけど、赤西ワールドに容易に持ってかれる。(何に悔しいのかは謎。)

花道移動する姿にも容易にのってしまうわ。センステ移動してからのカラフルな照明で怪しく跳ねる姿に高揚するー。「才能の塊」って言われてたのが思い出される。

最後の「Oh,I wonder」でハットあげて目線頂きました!ありがとうございます!ずるい!

 

  • WILDS OF MY HEART

言い表せないけど、デビュー後初期の頃ってこういうお衣装のイメージ。言い表せないけど。

この頃から安定感抜群のお亀ちゃんのサイレント芸。

全力で外周走り出す年下組。年下組がはしゃいでるって考えたらなんだか最高にかわいらしいな。

おたぐちゃんは、中丸くん(サードベースコーチ)を通過し、赤西くんに見送られ、待ち受ける上田さんのもとへ。

(´・ω・`)「さあこい!」

(⌒ー⌒)「一緒に行こうぜ!」

(´・ω・`)「おーーーーー!」

うえたぐ!

最後まさかの炭ガス。客席に一点集中で農薬散布する恐怖の中丸さんはこの頃から確認できました。ロックオンしてニコニコするたさん。

 

  • NEIRO

赤西さんの切ない歌声スタート、からのろばまる。歌う人にスポットあたっていって、サビでは全員が照らされて、美しいKAT-TUNのみなさん。

二番はお亀ちゃんスタート、からのでんでん。こきたんが「世界で一番大切な」って歌ってる時の中丸さんの優しいかお…。やさお。サビではムビステ。6人並ぶ姿に弱いのに、さらに水とか、もう…。

転調後「傷ついて消えそうになっても」とか、その後の「どれだけの 時が過ぎ 流れても」とか、綺麗すぎる。貫禄。

 

 

かーらーのーぉ。

 

 

WE ARE KAT-TUN

(これ、感動したなー。)

 

メンバーカラーの花火(青は技術的に難しかったと推察)。そういうの大好き!

 

 

  • SHE SAID...

アンコールにきて、赤西くんの髪型が今日イチ好みです。やたら水をまくお亀ちゃん。スプリンクラー亀梨。

ラストサビあたりでテンション上がっちゃうおたぐさんをにこやかに見る仁くんがお兄ちゃんで最高に萌える。

 

  • Peacefuldays

ひたすら霧吹きでおたぐちゃんに水をかける仁くん。二人のいちゃいちゃはしばらく続きます。(ずっとやってろー‼\(^o^)/‼)

(´・ω・`)「じゃーーーーーんぷ」※可愛いが過ぎる。罪。

気付けばセンステで年下組が、じゃんぷ。なになに?今日そういう感じ?可愛いよ?

 

  • ハルカナ約束

中丸くんがきみまろ感出して登場したWアンコール。

赤西くんにつられちゃうお亀ちゃん…至福。たつやさんのお尻叩いたり、ゴキゲンな赤西さん。

 

  • Will Be All Right

お亀ちゃんの楽しそうな表情だったり、赤西くんの歌だったり、田口さんの全力のおてふりだったり、こきたんのテンション上がる煽りだったり、上田さんの可愛いファンサだったり、中丸くんの安定の言葉だったり、最後まで最高だった、KAT-TUN LIVE Break the Record。

 

KAT-TUN LIVE Break the Records 【初回限定盤】 [DVD]

KAT-TUN LIVE Break the Records 【通常盤】 [DVD]

 

 

 

それぞれのキャラクターが出てて(今とだいぶ違う人もいるけど)、ろくーんの入りには良いのではないかとっ。

気になった方ら上のリンクをポチっとな。

 

 

ぜひともご覧くださいな。

 

(初回限定版には、特典映像もあるよー!)